【CX-30】PROACTIVE、PROACTIVE Turing Selection、LPackage標準装備とオプションの違い

CX-30 グレード違い

CX-30のクローズド先行予約がスタートしています。
「CX-30気になる」「CX-30に興味はある」って方も多いと思いますが、実車もカタログも見ずに契約(予約)する人は、まだ少ないかもしれないですね。
CX-30に興味のある皆さん!
「CX-30の各グレードの装備の違い」気になりませんか?
気になりますよね?

ということでメッチャ調べました。
CX-30にもMAZDA3と同じようにベースグレード(無印)、PROACTIV、PROACTIVToring Selection、LPackageの4つのグレードが準備されています。
今回は各グレードの標準装備の違いと選択できるオプションの違い、さらにATとMTの違い、AWDの違い、SKYACTIV-Xの違いまで完全網羅。

現段階で、どこよりも詳く CX-30 のグレードの違いを解説できていると思います。
グレード毎に標準装備が違うのはもちろんですが、選べるオプションもグレードで異なるので、慎重に選びたいところです。
少し長いですが、ぜひ最後までご覧ください。

CX-30グレード別 主要装備の違い

CX-30

CX-30には下からベースグレード→PROACTIVE(プロアクティブ)→PROACTIVE Toring Selection(プロアクティブツーリングセレクション)→LPackage(エルパッケージ)の4つのグレードがあります。
まずは各グレードの標準装備の違いから見ていきましょう。

ベースグレード(20Sのみ)

車両本体価格:¥2,392,500~(消費税10%込)

ベースグレードとは、20Sにだけ存在する無印のグレードとなります。
XDとXは、PROACTIVE以上のグレードしかありません。
この20Sがベースとなるので、20Sの装備は全車標準装備となります。

全車標準装備
  • SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)
  • SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS(スカイアクティブ ビークル ダイナミクス)G-ベクタリングコントロール プラス
  • SRSエアバックシステム カーテン&フロントサイド
  • SRSエアバックシステム 運転席ニーエアバッグ
  • スマート・ブレーキ・サポート(SBS)自転車検知機能付き
  • スマート・ブレーキ・サポート(SBS-R)後進時
  • スマート・ブレーキ・サポート(SBS-RC)後進時左右接近物
  • レーンキープ・アシスト・システム(LAS)
  • 交通標識認識システム(TSR)
  • 車線逸脱警報システム(LDWS)
  • ブラインド・スポット・モニタリング(BMS)
  • 後側方接近車両検知(RCTA)
  • ドライバー・アテンション・アラート(DAA)
  • リアパーキングセンサー(センター、コーナー、サイド)
  • 電動格納リモコン式カラードドアミラー(オート格納/ヒーター付)
  • ダークティンテッドガラス(リアドア、リアクォーター、リアゲート)
  • バックガイドモニター
  • 7インチマルチスピードメーター(TFTカラー)
  • アクティブ・ドライビング・ディスプレイ(フロントガラス照射タイプ)
  • 8.8インチセンターディスプレイ&コマンダーコントロール(タッチパッド機能)
  • 本皮巻ステアリング/シフトノブ(スムースレザー)
  • 運転席/助手席ラチェットレバー式シートリフター
  • フルオートエアコン(運転席/助手席独立コントロール+花粉除去フィルター)
  • リアベンチレーター(風向調整式)
  • AM/FMラジオ
  • マツダ・ハーモニック・アコースティックス+8スピーカー
  • Apple CarPlay
  • Android Auto
  • 電動パーキングブレーキ(EPB)
  • 車速感応式オートドアロック(衝撃検知ドアロック解除システム付)
  • 車載通信機
  • 215/55R18アルミホイール

以上の全車標準装備に加え、20Sには以下の追加主要装備があります。

20S追加主要装備
  • 電波式キーレスエントリーシステム+電波式キー
  • LEDヘッドランプ(ハイ/ロービーム:オートレベリング機構付)
  • ハイビーム・コントロールシステム(HBC)
  • フロントカップホルダー(フタなし)
  • 防眩ルームミラー
  • フロントグリル(ブラック塗装)
  • セイルガーニッシュ/センターピラーガーニッシュ(ブラック塗装)

ベースグレードなのに、中々の豪華装備ですよね。
ベースグレードと言えば聞こえが良いですが、言ってしまえば「一番下のグレード」となります。
一番下でこれだけの装備を標準装備しているメーカーはMAZDA以外では無いに等しいのでは?
これだけ装備されていると「ベースグレードでも充分だよね?」と思ってしまいそうですが、そこはやはり一番下のグレード・・・
ちゃんと差別化されています。

PROACTIV以上のグレードとの差別化でポイントになるのは、ヘッドライトとリアコンビネーションランプ、アドバンストキーあたりでしょうか?
ヘッドライトは、ハイビームとロービームを自動切り替えますが、ALHは非搭載。LEDシグネチャーも無いのでポジションランプは、電球になっていると思います。(MAZDA3の15Sと同じ)
リアコンビネーションランプも光り方が異なり、写真のような光り方をするのはPROACTIVE以上のグレードになりそうです。

CX-30リアコンビネーションランプ
CX-30のリアコンビネーションランプ

アドバンストキーも非搭載なので、ロック・アンロックはリモコンキーで行うことはできますが、ドアノブのセンサーは無くなります。
選べるメーカーオプションも控えめ。
Boseサウンドシステム、クルージング&トラフィックサポート、パワーシートなどは装備することができません。

PROACTIVE

車両本体価格
20S PROACTIV:¥2,612,500~
XD PROACTIV:¥2,887,500~
X PROACTIV:¥3,294,500~
(価格は全て消費税10%込)

PROACTIVEは、20Sの全車標準装備に加え以下の装備が追加されます。

PROACTIVE追加装備
  • 前側方接近車両検知(FCTA)
  • アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)
  • ヘッドランプユニット内シグネチャーLEDランプ
  • リアコンビネーションユニット内シグネチャーLEDランプ
  • デイタイム・ランニング・ライト(DRL)
  • 自動防眩ルームミラー
  • 自動防眩ドアミラー(運転席側)
  • フロントグリル(ピアノブラック塗装)※
  • セイルガーニッシュ/センターピラーガーニッシュ(ピアノブラック塗装)※
  • パワーリフトゲート
  • シフトスイッチ(AT車)
  • フロントカップホルダー(蓋付き)
  • アドバンストキーレスエントリーシステム&アドバンストキー

※印の装備は、20Sとは塗装の種類が変わる上位互換となり、防眩ルームミラーもPROACTIVEからは自動防眩となります。
安全性、実用性、スタイリングと総合力がグッと高くなります。
やはり購入するならPROACTIVE以上を視野に入れたいところです。
総合力の高いPROACTIVEですが、難点があります。
それは選べるメーカーオプションが限定的であること。
PROACTIVE Toring Selectionとの差別化のためだと思いますが、メーカーオプションの選択自由度はかなり低くなっています。
メーカーオプションについては、後述しておりますので、このまま読み進めてください。

PROACTIVE Toring Selection

車両本体価格
20S PROACTIV Toring Selection:¥2,733,500~
XD PROACTIV Toring Selection:¥3,008,500~
X PROACTIV Toring Selection:¥3,415,500~
(価格は全て消費税10%込)

PROACTIVE Toring Selectionには、PROACTIVE追加装備に加え、以下の装備が追加されます。

PROACTIVE Toring Selection追加装備
  • クルージング&トラフィック・サポート(CTS)
  • リバース連動ドアミラー
  • 運転席10Wayパワーシート&ドライビングポジションメモリー機能
  • ステアリングヒーター
  • 運転席&助手席シートヒーター
  • LEDマップランプ(リア)
PROACTIVE Toring Selectionのみ標準装備
  • CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー
  • スーパーUVカットガラス(フロントドア)+IRカットガラス(フロントガラス/フロントドア)

標準装備が一番充実しているのがPROACTIVE Toring Selectionとなります。
他のグレードでは、オプションとなっているCD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナーとスーパーUVカットガラス+IRカットガラスも標準装備です。
PROACTIVEに約250,000円相当の装備が追加され、PROACTIVとの価格差は121,000円なのでとてもコストパフォーマンスに優れたグレードです。
リバース連動ドアミラーもSUVならあって損はなし!
売れ筋になるグレードになると思います。

CX-30 LPackage

車両本体価格
20S LPackage:¥2,794,000~
XD LPackage:¥3,069,000~
X LPackage:¥3,477,100~
(価格は全て消費税10%込)

LPackageは最上位グレードとなります。
シートの材質がパーフォレーションレザーとなる他、PROACTIV Toring Selectionの追加装備に以下の装備が追加されます。

LPackage追加装備
  • 自動防眩ルームミラー(フレームレス)
  • エンジンスタートスイッチリング(プラチナサテン)
  • ホーンパッドリング(プラチナサテン)
  • グローブボックスノブ(プラチナサテン)
  • グローブボックス内植毛加工

LPackageの追加装備は軒並み高級感を演出する加飾がメインです。
実用性の面では、何かが便利になるというということはありません。
シートの材質がレザーになることがPROACTIVE Toring Selectionとの主な違いとなります。
PROACTIVE Toring Selectionとの単純な価格差は 60,500円ですが、標準装備の内容が異なるので、単純比較はできません。
装備を同じにした場合の価格差は 110,000円となるので注意したい所です。
価格差 110,000円でレザーシートになって、上の装備が追加される。と思うとLPackageは、コストパフォーマンスが良いとは言えません。

選べるメーカーオプションの違い

CX-30は、グレード毎に選べるメーカーオプションが異なります。
結論から言うと、全てのグレードで選択できるオプションの組み合わせに制限があります。
中でもベースグレードとPROACTIVEは、選べるオプションの自由度が低くなっており、装備を充実させるならToring Selection以上を選ぶ必要があります。

ベースグレード

20Sに装備できるメーカーオプション
  1. スーパーUVカットガラス+IRカットガラス、CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー
  2. 360°セーフティパッケージ

ベースグレードの場合、①は単品で装備可能ですが、②の360°セーフティパッケージは、単品で装備できません。
360°セーフティパッケージを装備する場合は、①と②が必ずセットになります。
またベースグレードにBoseサウンドシステムの設定はありません。

PROACTIVE

PROACTIVEに装備できるメーカーオプション
  • 360°セーフティパッケージ※
  • ドライビング・ポジション・サポート・パッケージ※
  • クルージング&トラフィックサポート※
  • スーパーUVカットガラス+IRカットガラス、CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー
  • Boseサウンドシステム+12スピーカー

PROACTIVEの注意点が※印の付いたオプションは、どれか1つしか装備できないこと。
更にBoseサウンドシステムは、360°セーフティパッケージを装備した場合でしか装備できません。
Boseサウンドシステムとドライビング・ポジション・サポート・パッケージや、Boseサウンドシステムとクルージング&トラフィックサポートの組み合わせはできないので、注意が必要です。

PROACTIVE Toring Selection

PROACTIVE Toring Selectionに装備できるメーカーオプション
  • 360°セーフティパッケージ
  • Boseサウンドシステム+12スピーカー

標準装備が充実しているPROACTIVE Toring Selectionは、選べるオプションが 2つだけとなります。
組み合わせには制限があり、360°セーフティパッケージは単品で装備可能ですが、Boseサウンドシステムは単品で装備することができません。
Boseサウンドシステムは必ず360°セーフティパッケージとセットになります。

LPackage

LPackageに装備できるメーカーオプション
  1. スーパーUVカットガラス+IRカットガラス、CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー
  2. 360°セーフティパッケージ
  3. Boseサウンドシステム+12スピーカー

LPackageで選べるメーカーオプションは3つですが、LPackageもオプションの組み合わせには制限があります。
①は単品で装備可能ですが、②の360°セーフティパッケージを装備する場合は①もセットになり、③のBoseサウンドシステムを装備する場合は①と②もセットになります。

AT、MTによる違い

CX-30には、ATだけでなくMT(マニュアルトランスミッション)も用意されています。
一部ですが、ATとMTで装備されるものが異なるので確認しておきましょう。

AT専用装備

AT専用装備
  • シフトスイッチ(PROACTIVE以上)
  • AT誤発進抑制制御(前進時/後進時)
  • マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)全車速追従機能付)

シフトスイッチは、パドルシフトのことです。
ベースグレードを除く、PROACTIVE以上のグレードに標準装備となります。
AT誤発進抑制制御は、アクセルとブレーキの踏み間違いなどによる誤発進を検知し、制御する機能です。
この2つは、ATだけの装備です。
MRCCは、全車速追従機能付きとなります。

AT誤発進抑制制御

MT専用装備

MT専用装備

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)

MTに搭載されるMRCCは、全車速追従機能がないタイプになります。
MTを選ぶ方は、あまりMRCCを使わないかもしれませんが、ATとは仕様が異なるので注意しましょう。

4WD(AWD)専用装備

4WD(AWD)を選択した場合は、以下の装備が追加されます。

4WD専用装備
  • フロントワイパーデアイサー
  • リアフォグランプ
  • ヘッドランプウォッシャー
  • 大型ウォッシャータンク&ウォッシャー液残量警告灯
  • オフロード・トラクション・アシスト

MAZDA3からAWDオーナメントが付属しなくなったようです。
その他は、軒並み従来のAWDと同じ装備ですね。

気になるのは「オフロード・トラクション・コントロール」
MAZDA3のAWDの説明にも、このワードは出てきません。
CX-30で初採用になる機能なのか?
継続調査してみたいと思います。

SKYACTIV-X専用装備

最後にSKYACTIV-Xの専用装備を確認します。
SKYACTIV-X搭載のCX-30は、2020年1月~2月に発売予定です。

SKYACTIV-X 専用装備
  • 大径マフラーカッター
  • 215/55R18アルミホイール(高輝度ダーク塗装)
  • M HYBRID
  • 電動スライドガラスサンルーフ(オプション X LPackageのみ装備可能)

海外モデルには、SKYACTIV-G 2.0にもMハイブリッドが組み合わせてあるのですが、国内では初登場となります。
電動スライドガラスサンルーフは、これまでXD LPackageにみに許されたオプションだったのですが、MAZDA3以降はX LPackage専用のオプションとなりました。
各車種の最上位モデルのみ装備することができるオプションです。
個人的に残念なのが、高輝度ダーク塗装ホイール。
過去の車種では、パワートレーンに関わらず、LPackageや特別仕様車に装備されていた高輝度ダーク塗装ホイールがCX-30では、Xのみになりました。

【まとめ】CX-30グレード別装備の違い

細かく書いた分長くなってしまいました。最後まで読んでいただきありがとうございます。
これからCX-30を検討する皆さんの参考に慣れば嬉しいです。

各グレードで標準装備が異なるのはもちろんですが、選べるオプションもグレードで異なりますので、「選んだグレードに希望のオプションがない!」ってことが無いように注意してくださいね。
オプションについても組み合わせに制限があるので、必要ないと思っているオプションを付けなければならないことがあるかもしれません。
少なくともBoseサウンドシステムを付ける場合は、オプション全部盛り(PROACTIVEを除く)にしないといけないので、それ相応の金額になることを覚悟して商談に望みましょう。

6世代(6.5世代)商品群では、「PROACTIVEでも十分かな?」と思う部分もありましたが、MAZDA3以降の第7世代商品群はPROACTIVEでは物足りないかもしれません。
購入金額を極力抑えるとしてもPROACTIVE。
充実した装備を目指すならPROACTIVE Toring Selection以上を狙いたい所です。
個人的な感想では、LPackageの特別感が薄れているのが気になります。
高輝度ダーク塗装ホイールの独特な輝きが目当てで、自分のCX-30をLPackageにしたところもあったのですが、アテが外れました・・・。
PROACTIV Toring SelectionとLPackageの間に、もう少し装備の差を付けても良いと思うのですが、MAZDAさんどうでしょう?
PROACTIV Toring Selectionお買い得過ぎるし、LPackageを選ぶ理由がシートの材質だけでは、少し訴求が弱いと思います。
と言っても、CX-30 20S LPackage AWD 予約しちゃったんですけどね…。

先日、Twitterで私より先にCX-30を予約している猛者を発見しました!
CX-30予約組の皆さん!どんどんフォローしてくださいね。
モロモロ情報交換しましょう。
ということで、コレで終わります。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。
YouTubeに動画投稿もしているので、チャンネルしてくださいね!

 
この記事のURLをコピーしてシェア!

MAZDAのクルマを賢く買う方法

近年、マツダディーラーは値引きをしない傾向にあります。
販社によって多少の違いはあるものの、全体的に値引き額が下がっているのは事実です。
値引きをしない代わりに、下取り価格を頑張ってくれるケースは多いですが、下調べなしで下取り査定をしてもらっても、普通の下取り価格になってしまうことも…。
なので、下取りの査定をしてもらう前に愛車の買取相場や下取り相場を確認しておきましょう!
「下取り価格より買取価格の方が高い」ってよく聞きますが、買取価格をもとに下取り価格を交渉した結果10~20万円下取りが高くなり、買取価格と同じになるケースも多いです。
私も下取り査定をしてもらう前に必ず、買取相場を調べています。

買取相場を知る方法

よくあるのはクルマの一括査定ですが、一括査定はオススメできません
申込みをした途端に数社の買取店から電話が引っ切り無しにかかってきて、査定のアポ取り合戦が繰り広げられます。
人を変え、時間を変え、時には電話番号まで変えて査定のアポを取りに来ます。
電話に出るたびに同じ質問に答え、都合を合わせるのも大変。
サイトに入力した個人情報も5~10社に共有されることもあり、情報漏えいのリスクも高まります。
私も経験した上で、もう二度と一括査定は利用したくありません。
そこでオススメのサービスが「ガリバーの愛車無料査定」

ガリバーの愛車無料査定なら電話や査定の対応を何度もする必要ありません。
必要事項を入力して電話がかかってくるのを待つだけ。
申し込みをした途端に電話が鳴り止まなくなるようなことも無いので安心です。
電話で査定の予約をして、あとは査定結果を待つばかり。
ガリバーならお店で査定の対応もしてくれるし、無料で出張査定もしてくれるので、お店に行く手間も省けます。

「ガリバー1社だけの査定で大丈夫?複数社に査定をしてもらった方が高い金額で買い取ってもらえるのではないか?」
そんな心配をする気持ちもあるかと思いますが、買取の上限価格は決まっていて、上限価格より高く買い取ってくれることはありません。
それに、複数社に査定をしてもらっても、高い買取金額を提示できるのは結局大手です。
査定のときに「ディーラーの下取りか買い取りか迷っている」と伝えておくことで、提示する買取金額も頑張ってくれるはずです。
私自身も2度ほどガリバーの買い取りを利用しましたが、2度とも満足の結果になりました。
2度の内、1回はガリバーで中古車まで購入したほどです。
ちなみにガリバーでクルマを買うと、買取金額を更に上げることも可能です。

ガリバーのネットの評判を見ると、中には良くない評価もありますが、大手だけに査定担当の当たりハズレが多少あります。
ですが、査定担当者の対応が良くなかったとしても、買取金額が下がるわけではないので、その場の対応はしっかりとしてもらい、買取金額を出してもらいましょう。
クルマの買取相場をしっかり把握した上で、ディーラーの下取り査定を利用することで、賢くクルマを乗り換えることができます。