MAZDA3 SKYACTIVーXに試乗【めちゃくちゃスゴい普通のエンジン】

どうも!エムブロです。
この度もブログを見ていただきありがとうございます。
さて、今回はMAZDA3 SKYACTIVーXに試乗してきたのでその様子をお届けしようと思います。

MAZDAの第7世代商品群の目玉とも言える次世代ガソリンエンジンのSKYACTIVーX。
そのSKYACTIVーXを搭載したMAZDA3が12月5日に発売となりました。
試乗車の配備も遅れていたようでしたが、試乗する機会をいただきましたので、試乗の様子をMAZDA3 Xの専用装備なども見ながらお届けしたいと思います。
では、早速見ていきましょう!

MAZDA3 SKYACTIVーX試乗記

試乗の様子をYouTubeに公開しました。
エンジン音や走行中の車内の雰囲気もお楽しみください。

他の試乗動画はコチラ

今回の試乗車

今回も撮影にご協力頂いたのは山口マツダ 山口店さんです。いつもありがとうございます。

お近くにお住まいの方はぜひお立ち寄りくださいね。広いKIDSスペースもあるので、子供連れでも安心して利用できます。
今回の試乗車をご紹介します。

試乗車詳細

MAZDA3 FASTBACK X PROACTIVE Toring Selection
駆動方式:FF
トランスミッション:AT
ボディーカラー:スノーフレイクホワイトパールマイカ
車両本体価格:3,319,148円~

ブラックのホイールと大型マフラーカッターはSKYACTIVーXの専用装備です。
ファストバックは、シグネチャーウィングのブラックとホイールの相性が抜群に良いです!

SKYACTIVーX 試乗コース

試乗コースは、当ブログでお馴染みのいつものコースです。

市街地 → 郊外 → 上り → 自動車専用道路の順で走る15分程のコースです。
高速道路ほどではありませんが、普段より高い速度域も試せるオススメのコースです。

SKYACTIVーX 試乗レビュー

エンジンをかけた最初の印象は「普通」

走り出した瞬間に特別感を感じるようなエンジンではありませんでした。

ガソリンエンジンよりさらに静か

エンジン始動からアイドリングまでは割と普通のエンジン音で少し音が小さいくらいかなと思っていたのですが、一旦走り出してしまうと、加速中以外のエンジン音はほとんど聞こえないくらい静かでした。
でも、2000~2500回転を超えると乾いたエンジンサウンドが心地よく聞こえてきます。
普段ATにまかせて普通に走っている分には2000回転以上になることはないので、常用域の回転数の音はキレイに消して、走りを楽しむ時の回転域の音は程よく聞こえるようにしているかのような印象すらありました。

最初の印象は極々「普通」のエンジン

静かなエンジンではありますが、試乗して最初の印象は「普通」。
クルマに乗って走り出した瞬間に特別感を感じるようなエンジンではありませんでした。
正直、期待はずれ。最初の期待値が高すぎたか…イマイチSKYACTIVーXの良さはわからない。
そんなことを思いながら、それでも走り初めて数分すると「このエンジンはスゴい」という感想に変わってきます。

アクセル操作がとにかく気持ち良い

まずアクセルの操作性が抜群に良い
SKYACTIV-D1.8よりトルクの立ち上がりが良く、ミリ単位のアクセルコントロールにもしっかり反応してくれるような印象です。
踏んだら踏んだ瞬間に、踏んだだけ加速するような動き出し。
トルクの数値だけ見るとSKYACTIVーXよりSKYACTIV-D1.8の方が数値は高いのですが、乗った印象はXの方がトルクが出ているように感じます。

ディーゼルエンジン並みのトルクを持ちながら、ガソリンエンジンのように気持ちよく回るので、加速が本当に気持ち良いです。MAZDA3の低いボディと相まって、峠道の上りとか本当に楽しいだろうなと思いました。

ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの良いところ取りをしたエンジンという表現はけっして大げさではないと思います。
先行試乗していたジャーナリストさんが「SKYACTIVーXはマニュアルトランスミッションが良い」と言っていた理由もわかる気がしました。

SKYACTIVーXはブレーキも独特

SKYACTIV-xのブレーキは、マイルドハイブリッドの影響もあると思うのですが、MAZDAユーザーでも最初は戸惑うと思います。

ブレーキの踏み始めの制動力が穏やかなのは同じですが、少し踏み込むとグッと制動力が強くなります。
MAZDAのブレーキは、ブレーキを踏み込んで奥の方でコントロールするイメージがありますが、SKYACTIVーXはもっと手前でコントロールするような感覚です。

そして停車するときもコツが必要になります。
というのも、クルマが止まるより先にエンジンが停止するので、いわゆるカックンブレーキになりやすいです。
ブレーキを踏んで速度が落ちてきて、エンジンが止まると推進力が無くなるので、ブレーキがクッと効いてカックンって感じで止まります。

人によりますが、何回か発信と停車を繰り返すと慣れると思うので心配はいりません。
慣れるとスゴくコントロールしやすいブレーキだと思います。
ただ、このブレーキに慣れてしまうと、帰りに自分のクルマに乗ったときに「止まらね」ってなるので、そこは注意してください。

ハイブリッド感はかなり控えめ

M-HYBRID搭載のクルマに初めて乗りましたが、ハイブリッド感を感じるような場面はほとんどありませんでした。
特にモーター音がするとかエンジンブレーキが効かないといったことは無し!
極めてガソリンエンジンに近いマイルドハイブリッドだと思います。
これなら、初めてのハイブリッドでも自然に乗ることができそうです。

【まとめ】SKYACTIVーX試乗レビュー

ということで、MAZDA3 の試乗の様子をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

最初は普通と思ったSKYACTIVーXですが、乗れば乗るほど良さが伝わってくるようなエンジンですね。
今までのMAZDA車とはまた違う、全く新しいクルマになっていると思います。

個人的には、このままCX-5に搭載しても十分良いクルマになるんじゃないかと思っていますが、どうですかね?
CX-5に積むとエンジンラインナップ多すぎるし、ちょっと価格の設定が難しいかな?

ただ、良いエンジンである一方、課題になるのは、このエンジンの魅力をどう伝えていくかと言う部分です。
SKYACTIVーXに魅力を感じる人って結構限定されると思います。
車好きやMAZDA好きには響くと思いますが、クルマに興味がない人からみると「ただの高いガソリン車(しかもハイオク仕様)」です。
ガソリンとディーゼルの良いところ取りをした魅力的なエンジンではありますが、その魅力を伝えるのが本当に難しい。
運転席に座って走り出した瞬間に特別感が伝わるようなエンジンではないですからね。
カタログを見ただけでわかるような、特別なスペックでもない。
でも、車両価格は300万円オーバー。
メーカーのプロモーションや販社の営業力が問われる商品ですね。

でも
このブログでは、引き続きMAZDAの布教活動に協力していこうと思います。

短い時間でしたが、MAZDAの新世代エンジンSKYACTIVーXの実力を垣間見ることができて幸せでした。
皆さんもぜひSKYACTIVーXの試乗にディーラーさんへ足を運んでくださいね。

この記事のURLをコピーしてシェア!

MAZDAのクルマを賢く買う方法

近年、マツダディーラーは値引きをしない傾向にあります。
販社によって多少の違いはあるものの、全体的に値引き額が下がっているのは事実です。
値引きをしない代わりに、下取り価格を頑張ってくれるケースは多いですが、下調べなしで下取り査定をしてもらっても、普通の下取り価格になってしまうことも…。
なので、下取りの査定をしてもらう前に愛車の買取相場や下取り相場を確認しておきましょう!
「下取り価格より買取価格の方が高い」ってよく聞きますが、買取価格をもとに下取り価格を交渉した結果10~20万円下取りが高くなり、買取価格と同じになるケースも多いです。
私も下取り査定をしてもらう前に必ず、買取相場を調べています。

買取相場を知る方法

よくあるのはクルマの一括査定ですが、一括査定はオススメできません
申込みをした途端に数社の買取店から電話が引っ切り無しにかかってきて、査定のアポ取り合戦が繰り広げられます。
人を変え、時間を変え、時には電話番号まで変えて査定のアポを取りに来ます。
電話に出るたびに同じ質問に答え、都合を合わせるのも大変。
サイトに入力した個人情報も5~10社に共有されることもあり、情報漏えいのリスクも高まります。
私も経験した上で、もう二度と一括査定は利用したくありません。
そこでオススメのサービスが「ガリバーの愛車無料査定」

ガリバーの愛車無料査定なら電話や査定の対応を何度もする必要ありません。
必要事項を入力して電話がかかってくるのを待つだけ。
申し込みをした途端に電話が鳴り止まなくなるようなことも無いので安心です。
電話で査定の予約をして、あとは査定結果を待つばかり。
ガリバーならお店で査定の対応もしてくれるし、無料で出張査定もしてくれるので、お店に行く手間も省けます。

「ガリバー1社だけの査定で大丈夫?複数社に査定をしてもらった方が高い金額で買い取ってもらえるのではないか?」
そんな心配をする気持ちもあるかと思いますが、買取の上限価格は決まっていて、上限価格より高く買い取ってくれることはありません。
それに、複数社に査定をしてもらっても、高い買取金額を提示できるのは結局大手です。
査定のときに「ディーラーの下取りか買い取りか迷っている」と伝えておくことで、提示する買取金額も頑張ってくれるはずです。
私自身も2度ほどガリバーの買い取りを利用しましたが、2度とも満足の結果になりました。
2度の内、1回はガリバーで中古車まで購入したほどです。
ちなみにガリバーでクルマを買うと、買取金額を更に上げることも可能です。

ガリバーのネットの評判を見ると、中には良くない評価もありますが、大手だけに査定担当の当たりハズレが多少あります。
ですが、査定担当者の対応が良くなかったとしても、買取金額が下がるわけではないので、その場の対応はしっかりとしてもらい、買取金額を出してもらいましょう。
クルマの買取相場をしっかり把握した上で、ディーラーの下取り査定を利用することで、賢くクルマを乗り換えることができます。