MAZDA6 25T S Package購入前に確認しておきたい注意点

2019年7月4日にアテンザの2019年次改良が発表され、この改良でアテンザからMAZDA6に車名も変更されました。
発売は8月1日となります。
この改良で大きなトピックとなったのがSKYACTIV-G 2.5Tを搭載したガソリンターボモデルの追加です。
すでにCX-5、CX-8に搭載されているガソリンターボエンジンですが、アテンザ(MAZDA6)への搭載を心待ちにしていたユーザーも多いのではないでしょうか?
SKYACTIV-G 2.5Tを搭載したモデルは、25T S Packageという名前になり、PROACTIVEやL Packageと差別化されています。
S Packageの「S」がSportなのか、Specialityかのかは分かりませんが、かなり特別仕様なクルマになっており、人によってはオーバースペックと感じてしまうこともあるかもしれません。
そこで!この記事では、25T S Packageと他のグレードの違いを整理しつつ、購入前にチャックしておきたい注意点をまとめていきたいと思います。
MAZDA6を購入検討している方の参考になれば幸いです。

MAZDA6 25T S Package購入前のチェックポイント

まず知ってていただきたいのが 25T S Packageは従来のクルマにガソリンターボエンジンを積んだだけではないってこと。
25SともXDとも違ったチューニングが施されています。
知らずに購入してしまうと、アレ?って思うこともあるかも…
違いと注意点をしっかり理解して検討すると良いかもしれません。

25T S Packageは加速重視のセッティング

MAZDA6のニュースリリースの中に、こんな一文があります。

25T S Packageは25S L Packageに対しフロントファイナルギア比を低速化(4.325→4.411)

mazda.com

端的に言えば、この低速化が加速重視のセッティングと言えます。
ファイナルギア比を低速化することで、同じ速度、同じギアで走行した場合のエンジンの回転数が高くなります。
例:5速で60km/hで走行
標準ギア・・・1,500回転
低 速 化 ・・・1,800回転
このように同じ速度でもエンジンの回転すを高く保つことができるため、エンジンのパワーやトルクが高い回転数を維持しやすくなり、アクセルを踏んだ時の反応や加速感が良くなるというわけです。

MAZDA6 25T S Packageのスペック

最高出力:169〈230〉/4,250(kW<PS>/rpm)
最大トルク: 420〈42.8〉/2,000 (N・m<kgf・m>/rpm)

https://i1.wp.com/mzcarblog.com/wp-content/uploads/2018/08/41ed4182e2c64ed8b90d14152001b2fc.jpg?w=880&ssl=1
マシン

MAZDA6の場合は、より高いトルクを使いやすくなるね。
もしかしたらディーゼルエンジンより乗りやすいかも…

25T S Packageは燃費が悪い

コレはファイナルギア比低速化のデメリットの部分です。
高い回転数を維持するということは、当然 燃料を多く消費するので、燃費は悪くなってしまいます。
実際、MAZDA6は他のSKYACTIV-G 2.5Tを搭載した車種と比べると燃費が悪くなっています。

SKYACTIV-G 2.5T燃費比較

MAZDA6(FF):12.4km/l
CX-5(FF):12.6km/l
CX-8(4WD):11.6km/l

同じエンジンであれば、基本的に車重が軽いほうが燃費は良くなります。
MAZDA6はCX-5よりゼダンで50kg、ワゴンで30kg軽いのですが、燃費はCX-5より低い数値になっています。
これはファイナルギア比低速化の影響が大きいと考えられます。

25T S Packageはホイールが汚れやすい?

MAZDA6は、ファイナルギア比の低速化で加速性能を上げただけでなく、セットでブレーキ性能も高められました。
具体的には、ブレーキディスクのサイズが17インチへ大径化されています。(25S L Packageは16インチ)
ファイナルギア比低速化で加速性能だけを向上させるだけでなく、ブレーキもセットで能力を向上させるのは、理に適っているしマツダの素敵なところ。
ただ、ブレーキ性能が上がるということは、同時に汚れるということでもあります。
マツダ車は比較的ブレーキダストが多く、ノーマルでもフロントホイールはそれなりに汚れます。
「ブレーキの大径化=汚れる」というわけではありませんが、加速性能が上がり、ブレーキを踏む回数や強度が増すと、結果的にホイールが汚れることになります。
25T S Packageのホイールは、専用カラーでブラックメタリック塗装となります。
ブラックはかなり汚れが目立つカラーなので、日頃のお手入れが大切になりそうですね。

25T S Packageのインテリアカラーはブラックのみ

25T S Packageインテリア

従来のL Packageは、オリエンタルブラウンとピュアホワイトの2色からインテリアカラーを選ぶことができましたが、25T S Packageはブラックのみとなります。
また使用されるレザーは、ナッパレザーとスムースレザーのコンビネーションとなり、ナッパレザーのみで構成されるホワイトとブラウンとは違った雰囲気を味わうことができます。
シートやインテリアに施された赤いステッチがアクセントになり、L Packageよりスポーティな印象に仕上がっています。

25T S Packageはオプション全部入

Boseサウンドシステム

25T S Packageには、既存のメーカーセットオプションが全て装備されており、購入時に検討するのは、ディーラーオプションだけです。

装備されているメーカーOP
  • CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー
  • 360°ビューモニター+フロントパーキングセンサー
  • Boseサウンドシステム

サンルーフは装備できない

メーカーセットオプションは全部入りとお伝えしましたが、一つだけ装備できない装備が「電動スライドガラスサンルーフ」
他の車種でも同じですが、電動スライドガラスサンルーフは、XD L PackageまたはXD特別仕様車の特権となっており、最高グレードであろうとガソリン車には装備することができません。
かなり微妙で、マツダ独特の差別化ではありますが、サンルーフを装備したい場合は、ディーゼルエンジン搭載車のL Package以上を選ぶ必要があります。

【まとめ】25T S Package購入前の注意点

ということで、MAZDA6 25T S Package 購入前に確認しておきたい注意点をまとめてきました。
簡単に要約すると…
MAZDA6 25T S Packageは、加速重視のセッティングで燃費が悪くて、ブレーキが汚れやすいかもしれんで!
インテリアカラーはブラックだけやけど、メーカーOPは全部入りや!
ただし、サンルーフは付けれんで!

ってことです。
ガソリンターボで、加速重視のセッティングで、制動力も高められていて、インテリアもホイールも専用。
4WDやMTの設定こそないものの、以前のマツダスピード アテンザのようですね。

https://i1.wp.com/mzcarblog.com/wp-content/uploads/2018/08/41ed4182e2c64ed8b90d14152001b2fc.jpg?w=880&ssl=1
マシン

マツダスピード アテンザは言い過ぎでも、特別仕様車くらいは言っても良さそうだよね!

みなさんも気になったら、MAZDA6 25T S Package チェックしてみてくださいね!
YouTubeで動画の投稿もしています!
チャンネル登録もしてもらえると嬉しいです!

 

それでは、また次のブログでお会いしましょう。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。