MAZDA CX-30 【グレードの違い】PROACTIVE・PROACTIVE Toring Selection・LPackage

CX-30 グレード 違い

CX-30に限らず、クルマの購入にあたりグレード選びは大切な要素です。
CX-30には、PROACTIVE、PROACTIVE Turing Selection、L Packageと主に3つのグレードが設定されています。
20Sのみ無印のベースグレードが用意されていますが、今回は説明を割愛します。
売れ筋は、PROACTIVE Turing Selection(以下PROACTIVE TS)になりそうです。
しかし、PROACTIVEにして価格を抑えることはできないか?と考えたり、LPackageの装備も気になる!って思いますよね?
そこで!この記事ではCX-30のPROACTIVE、PROACTIVE TS、LPackageの違いを解説していきたいと思います。
CX-30のグレード選びの参考にしてくださいね。

CX-30グレードによる価格の違い

グレード価格(消費税10%込)
PROACTIVE2,612,500~3,531,000
PROACTIVE TS2,733,500~3,652,000
L Package2,794,000~3,713,600

搭載するエンジンと駆動方式の違いで同じグレードでも100万円近い開きがあって分かりづらいので、同じエンジン・同じ駆動方式を選んだ場合の価格差で見ていきます。

比較グレード価格差
PROACTIVE → PROACTIVE TS121,000円
PROACTIVE TS → LPackage60,500円
PROACTIVE → LPackage181,500円

PROACTIVEからLPackageにすると18万円以上の開きになるので、要検討というところですが、PROACTIVEからPROACTIVE TSで約12万円。PROACTIVE TSからLPackageで約6万円と頑張れそうな金額差になってきます。

では具体的に金額差に相応しい装備の違いがあるのか見ていきましょう。

CX-30グレードによる装備の違い

各グレードの装備の違いをもっとざっくり知りたい場合はコチラもオススメ!

CX-30 グレード違い【CX-30】PROACTIVE、PROACTIVE Turing Selection、LPackage標準装備とオプションの違い

PROACTIVEの特徴

PROACTIVE車両本体価格

20S PROACTIV:¥2,612,500~
XD PROACTIV:¥2,887,500~
X PROACTIV:¥3,294,500~
(価格は全て消費税10%込)

PROACTIVEは、ブラックとグレージュの2色からシートカラーを選ぶことができ、インパネはネイビーになります。
特にグレージュ+ネイビーのコンビネーションは、マツダとしても初の組み合わせで、とても新鮮な印象になっています。
PROACTIVEの特徴(残念ポイント)の一つが選べるメーカーオプションが限定的というところです。
標準装備の内容はかなり充実しているのですが、注文できるメーカーオプションの組み合わせに制限があります。

PROACTIVE標準装備
  • SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)
  • SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS(スカイアクティブ ビークル ダイナミクス)G-ベクタリングコントロール プラス
  • SRSエアバックシステム カーテン&フロントサイド
  • SRSエアバックシステム 運転席ニーエアバッグ
  • スマート・ブレーキ・サポート(SBS)自転車検知機能付き
  • スマート・ブレーキ・サポート(SBS-R)後進時
  • スマート・ブレーキ・サポート(SBS-RC)後進時左右接近物
  • レーンキープ・アシスト・システム(LAS)
  • 交通標識認識システム(TSR)
  • 車線逸脱警報システム(LDWS)
  • ブラインド・スポット・モニタリング(BMS)
  • 後側方接近車両検知(RCTA)
  • ドライバー・アテンション・アラート(DAA)
  • リアパーキングセンサー(センター、コーナー、サイド)
  • 電動格納リモコン式カラードドアミラー(オート格納/ヒーター付)
  • ダークティンテッドガラス(リアドア、リアクォーター、リアゲート)
  • バックガイドモニター
  • 7インチマルチスピードメーター(TFTカラー)
  • アクティブ・ドライビング・ディスプレイ(フロントガラス照射タイプ)
  • 8.8インチセンターディスプレイ&コマンダーコントロール(タッチパッド機能)
  • 本皮巻ステアリング/シフトノブ(スムースレザー)
  • 運転席/助手席ラチェットレバー式シートリフター
  • フルオートエアコン(運転席/助手席独立コントロール+花粉除去フィルター)
  • リアベンチレーター(風向調整式)
  • AM/FMラジオ
  • マツダ・ハーモニック・アコースティックス+8スピーカー
  • Apple CarPlay
  • Android Auto
  • 電動パーキングブレーキ(EPB)
  • 車速感応式オートドアロック(衝撃検知ドアロック解除システム付)
  • 車載通信機
  • 215/55R18アルミホイール
  • 前側方接近車両検知(FCTA)
  • アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)
  • ヘッドランプユニット内シグネチャーLEDランプ
  • リアコンビネーションユニット内シグネチャーLEDランプ
  • デイタイム・ランニング・ライト(DRL)
  • 自動防眩ルームミラー
  • 自動防眩ドアミラー(運転席側)
  • フロントグリル(ピアノブラック塗装)
  • セイルガーニッシュ/センターピラーガーニッシュ(ピアノブラック塗装)
  • パワーリフトゲート
  • シフトスイッチ(AT車)
  • フロントカップホルダー(蓋付き)
  • アドバンストキーレスエントリーシステム&アドバンストキー

他社ならオプションになるようなアダプティブ・LED・ヘッドライトや車載通信機、パワーリフトゲートなども標準装備される贅沢さ。
この内容で、どちらかと言えば下位グレードにあたるので恐れ入ります。

これだけの充実装備なら「PROACTIVEで良いじゃん!」って思ってしまいそうですが、PROACTIVEは選べるメーカーオプションが限定されるという弱点があります。

PROACTIVEに装備できるメーカーオプション
  1. 360°セーフティパッケージ
  2. ドライビング・ポジション・サポート・パッケージ
  3. クルージング&トラフィックサポート
  4. スーパーUVカットガラス+IRカットガラス、CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー
  5. Boseサウンドシステム+12スピーカー

このようにPROACTIVEには、5つのメーカーオプションが用意されているのですが、どれでも自由に選ぶことができないのです。
PROACTIVEで選択できるメーカーオプションの組み合わせは以下のようになります。

PROACTIVEで選択可能なOPの組み合わせ

①+④:136,380円
②+④:115,500円
③+④:104,500円
④のみ:49,500円
①+④+⑤:213,380円

以上の5パターンとなります。
④のスーパーUVカットガラス+IRカットガラス・CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナーは、必ず装備しないと他のOPを選ぶことはできません。
PROACTIVEとPROACTIVE TSの価格差が121,000円なので、④のみを装備する場合を除き、PROACTIVE TSを選んだほうがお得かもしれません。

PROACTIVE TSの特徴

PROACTIVEと同じでシートカラーは、ブラックとグレージュの2色から選ぶことができ、インパネカラーはネイビーとなります。
PROACTIVE TSの大きな特徴が充実の標準装備
PROACTIVEと比較すると価格は高くなりますが、価格以上に装備の内容が良くなります。

PROACTIVE TS車両本体価格

20S PROACTIVE TS:2,733,500円
XD PROACTIVE TS:3,008,500円
X PROACTIVE TS:3,415,500円

PROACTIVEとの価格差は121,000円ですが、標準装備の内容がかなり良くなります。
具体的には、PROACTIVEの装備に以下の装備が追加されます。

PROACTIVE TSの追加装備
  • クルージング&トラフィック・サポート(CTS)
  • リバース連動ドアミラー
  • 運転席10Wayパワーシート&ドライビングポジションメモリー機能
  • ステアリングヒーター
  • 運転席&助手席シートヒーター
  • LEDマップランプ(リア)
  • CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー
  • スーパーUVカットガラス(フロントドア)+IRカットガラス(フロントガラス/フロントドア)

クルージング&トラフィックサポート+ドライビング・ポジション・サポート・パッケージ+スーパーUVカット+IRカットガラス+CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナーの合計170,500円分の装備+@が標準装備となり、PROACTIVEとの価格差は121,000円とお得感の強いパッケージになっています。

リバース連動ドアミラーは、シフトを「R」に入れた時に、サイドミラーが下向きになる機能。
CX-30は、後方の見切りが決して良いとは言えないため、リバース連動ドアミラーがあると車庫入れなどで左後方が確認しやすくなります。

標準装備が充実する分、選べるオプションは少なくなります。

PROACTIVE TSに装備できるメーカーオプション
  1. 360°セーフティパッケージ(86,880円)
  2. Boseサウンドシステム+12スピーカー (77,000円)

以上の2つだけで非常にシンプル。
ただし、①の360°セーフティパッケージは単品で選ぶことができますが、Boseサウンドシステムを装備する場合は必ず①もセットで装備する必要があるため、価格は163,880円(①+②)となります。

LPackageの特徴

LPackageの特徴と言えば、パーフォレーションレザー(本皮)を使用したシート。
シートカラーはホワイトとブラックから選ぶことができます。
インパネカラーがリッチブラウンとなり、PROACTIVEやPROACTIVE TSと比較すると高級感が大きく変わってきます。
もう一度言います。
LPackageのシートは本皮です。
他社で300万円クラスのクルマだと、多くが合成皮革を使用しています。
この価格で本皮を使用しているクルマは少なく、大きなアドバンテージになります。

L Package車両本体価格

20S LPackage:2,794,000円
XD LPackage:3,069,000円
X LPackage:3,477,100円

PROACTIVE TSとLPackageのカタログ上の価格差は60,500円。
LPackageは、レザーシートになるだけでなく、以下の加飾が追加装備されます。

LPackageに追加される装備
  • 自動防眩ルームミラー(フレームレス)
  • エンジンスタートスイッチリング(プラチナサテン)
  • ホーンパッドリング(プラチナサテン)
  • グローブボックスノブ(プラチナサテン)
  • グローブボックス内植毛加工

60,500円でレザーシートになって加飾も増えるならお得じゃん!

と なってしまいそうですが、そんなに単純なものではありません。
実はLPackageよりPROACTIVE TSの方が標準装備が充実しているのです。
充実していると言っても、違いがあるのは1項目だけ。
LPackageは、スーパーUVカットガラス+IRカットガラス・CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナーがオプションとなります。
このオプション分を差し引きして同じ装備にしたときのPROACTIVE TSとLPackageの価格差は、110,000円となります。
LPackageに装備できるメーカーオプションは以下の通りです。

LPackageに装備できるメーカーオプション
  1. スーパーUV カットガラス+IRカットガラス・CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー (49,500円)
  2. 360°セーフティパッケージ(86,880円)
  3. Boseサウンドシステム+12スピーカー (77,000円)

LPackageにも装備できるオプションには制限があります。
①のみ:49,500円
①+②:136,380円
①+②+③:213,380円
以上の3パターンです。
全てのグレードに共通するのですが、スーパーUVカット+IRカットガラスとCD/DVD+地上デジタルTVチューナーのセットは、オプションを付けると必ず装備しなければなりません。
いっそのこと標準装備にしてしまえばよいのに…
と思っているのは私だけではないはずです。

CX-30のおすすめグレードは?

ここまで解説をした上で「オススメのグレードは?」と問われると
PROACTIVE Touring Selectionと答えます。

上位グレードのLPackageとの差は、シートの材質と内装カラーに加飾程度。
レザーシートに強いこだわりが無ければ、PROACTIVE TSが一番装備と価格のバランスが良く、自分の好みにオプションも選べると思います。
また、新しいシートカラーのグレージュもとても良い色で、高級感と上品さを併せ持つ印象。
ネイビーのインパネとの相性もよく、大人っぽい印象になります。
実際、マツダのデザイナーさんもグレージュとネイビーのコンビネーションはオススメとお話をされています。

オススメと聞かれれば、PROACTIVE TSですが、私が購入したのは20S LPackageです…。

【まとめ】CX-30 PROACTIVEとLPackageの違い

ということで、CX-30のPROACTIVE、PROACTIVE TS、LPackageの違いについてお話をしてきました。
少しわかりにくい部分もあったかもしれませんが、CX-30のグレード選びの参考にしていただければ嬉しいです。
何か聞きたいことがあれば、Twitterからでも気軽に質問してください。

価格を抑えたPROACTIVE
バランスとコスパの良いPROACTIVE TS
高級感の塊のようなLPackage
とCX-30のグレード選びは、なかなか時間がかかりそうです。
決定的な差が少ないと言い換えることもできますが、それだけ全グレードの装備が高いレベルで充実していると考えることもできます。
なんだかんだ言って、「どれにしようか?」と悩んでいる時が一番楽しい時間でもありますので、ゆっくりしっかり後悔のないように決めてくださいね。

私のCX-30が納車されたら、イロイロな角度からCX-30の魅力を伝える動画をアップしていこうと思うので、チャンネル登録をしてお待ち下さい。

 
この記事のURLをコピーしてシェア!

MAZDAのクルマを賢く買う方法

近年、マツダディーラーは値引きをしない傾向にあります。
販社によって多少の違いはあるものの、全体的に値引き額が下がっているのは事実です。
値引きをしない代わりに、下取り価格を頑張ってくれるケースは多いですが、下調べなしで下取り査定をしてもらっても、普通の下取り価格になってしまうことも…。
なので、下取りの査定をしてもらう前に愛車の買取相場や下取り相場を確認しておきましょう!
「下取り価格より買取価格の方が高い」ってよく聞きますが、買取価格をもとに下取り価格を交渉した結果10~20万円下取りが高くなり、買取価格と同じになるケースも多いです。
私も下取り査定をしてもらう前に必ず、買取相場を調べています。

買取相場を知る方法

よくあるのはクルマの一括査定ですが、一括査定はオススメできません
申込みをした途端に数社の買取店から電話が引っ切り無しにかかってきて、査定のアポ取り合戦が繰り広げられます。
人を変え、時間を変え、時には電話番号まで変えて査定のアポを取りに来ます。
電話に出るたびに同じ質問に答え、都合を合わせるのも大変。
サイトに入力した個人情報も5~10社に共有されることもあり、情報漏えいのリスクも高まります。
私も経験した上で、もう二度と一括査定は利用したくありません。
そこでオススメのサービスが「ガリバーの愛車無料査定」

ガリバーの愛車無料査定なら電話や査定の対応を何度もする必要ありません。
必要事項を入力して電話がかかってくるのを待つだけ。
申し込みをした途端に電話が鳴り止まなくなるようなことも無いので安心です。
電話で査定の予約をして、あとは査定結果を待つばかり。
ガリバーならお店で査定の対応もしてくれるし、無料で出張査定もしてくれるので、お店に行く手間も省けます。

「ガリバー1社だけの査定で大丈夫?複数社に査定をしてもらった方が高い金額で買い取ってもらえるのではないか?」
そんな心配をする気持ちもあるかと思いますが、買取の上限価格は決まっていて、上限価格より高く買い取ってくれることはありません。
それに、複数社に査定をしてもらっても、高い買取金額を提示できるのは結局大手です。
査定のときに「ディーラーの下取りか買い取りか迷っている」と伝えておくことで、提示する買取金額も頑張ってくれるはずです。
私自身も2度ほどガリバーの買い取りを利用しましたが、2度とも満足の結果になりました。
2度の内、1回はガリバーで中古車まで購入したほどです。
ちなみにガリバーでクルマを買うと、買取金額を更に上げることも可能です。

ガリバーのネットの評判を見ると、中には良くない評価もありますが、大手だけに査定担当の当たりハズレが多少あります。
ですが、査定担当者の対応が良くなかったとしても、買取金額が下がるわけではないので、その場の対応はしっかりとしてもらい、買取金額を出してもらいましょう。
クルマの買取相場をしっかり把握した上で、ディーラーの下取り査定を利用することで、賢くクルマを乗り換えることができます。