CX-5の【フォグランプ】は必要?照射範囲を運転席に座って見ると・・・点ける意味ある?

新型CX-5のフォグランプは、L package以外のグレードはディーラーオプション。ディーラーオプションで取り付けた場合もLEDフォグランプですので、L PackageとPROACTIVEの違いはありません。

エクステリアを引き締め、スタイリングを良くする意味でも取り付けたいと考えている人も多いと思います。

このフォグランプ果たして本当に必要なのか考えてみたいと思います。

フォグランプの役割

フォグランプは道路運送車両法では「前部霧灯」と呼ばれる、自動車のライトの一種です。

英語で「霧」の意味を持つ名の通り、もともとは霧が発生した際につけることを目的に造られたもので、濃霧が発生し前方の確認が困難なときに使う補助灯です。

フォグランプの特徴は、霧や雨の中での安全な視界確保とともに、他の車からの被視認性を向上させることになります。

濃霧の状況下では、視界の確保が難しくなってしまいますが、この時に通常の前照灯(ハイビーム)で遠くまで見ようとすると、霧の水分に光が乱反射してしまい見えづらくなってしまいます。

そんな時に使うのがフォグランプです。

フォグランプは上下(前側)の照らす範囲が通常のライトよりも狭く左右に広く照らすような構造になっており、光の乱反射を防いで視野を確保できる仕組みになっています。

左右の視界が取れる分、周りの自動車からも自分の自動車が視認しやすくなるという効果を持ちます。

また、霧や雨の中だけでなく街灯が少なく暗い細い道で視界を確保したりする場合にもフォグランプは有効です。

フォグランプの色

現在は白いランプも増えてきましたが、過去は黄色のもが良く見かけられました。

これらの色による違いは視認性にあるとされ、一般的には波長の長い光(黄や赤)は霧をはじめとした水の反射に強い色とされています。

本来は赤いランプが霧の中でも遠くまで見通せる光だと考えられましたが、ブレーキランプやパトランプと混同してしまうため、次に波長の長い黄色が取り入れるようになりました。

ところが現在はランプの性能が向上したことや色が付いたランプだと特定の色が認識しづらくなってしまったり、距離感がつかみづらくなってしまったりする懸念から白色の採用が増えたのだと言われています。



CX-5のフォグランプ

CX-5のフォグランプはどうでしょうか?

メーカーまたはディーラーで設定されているCX-5のフォグランプは

〈LEDフォグランプ〉白色のライトになります。

照射範囲を見てみましょう。個人差はあると思いますが、運転する時のアイポイント付近で撮影しました。私の身長は182cmです。

スライドショーには JavaScript が必要です。

当然ですがフォグランプがあると無いとでは左右の照射範囲がかなり違います。

前照灯はフォグランプも含め全てLEDなので色差は無く統一感も高いです。エクステリアを引き立てるという点ではあった方が良いかもしれないです。

が、、、

私の身長は182cm。平均より高いです。運転する時のアイポイントも高くなります。

私の身長(座高)だと照射範囲の違いを多少感じることはできるのですが、身長(アイポイント)の低い方だと、違いを実感できない可能性もあります。

事実、嫁さん(身長153cm)が座席の高さをいっぱいまで上げても、フォグの点灯・非点灯で「差が無い」と言っていました。

悪天候時は?

では実際に悪天候となった場合はどうでしょう?

まだ濃霧に遭遇はしていませんが、私は納車翌日が豪雨でした。

夜間に車を走らせていたのですが。正直あっても無くてもそんなに変わらないといったレベルでした。

フォグランプだけでいえばデミオのハロゲンタイプの方が見やすかったように思います。

前述したようにランプの性能の向上により白色(LED)のフォグランプの採用も多くなってきたとは言え、悪天候時の見やすさでいくとハロゲン(黄色系の色)の方が乱反射も少なく見やすいように感じました。

まとめ

外観重視のフォグ!機能面は二の次

LEDフォグランプの採用でエクステリアはスタイリッシュになりました。

一見フロントバンパー下部で目立たないLEDフォグですが、一度スイッチをONにすれば明るくキレのある光で広範囲を照らしてくれます。

純正のLEDフォグランプは価格も比較的安く抑えられていますし、見た目の部分でも非常に引き締まった印象を演出してくれます。

一方で悪天候時の視界確保という点ではハロゲン(黄色系の光)の方に軍配が挙がるかもしれません。

本来のフォグランプの機能を考えると、霧や雪が多い地域に住んでいる場合は黄色系のLEDバルブの導入を検討も必要かもしれませんんね。

色だけでなく運転姿勢や運転ポジションによって照射範囲も調整する必要が出てくる可能性もあります。

フォグランプ周辺のエクステリアパーツも販売されてきました。この辺りもエクステリアのアクセントになって良いですね!

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございます。

PROACTIVEの購入を検討している人はオプションでフォグランプを付けるか悩むところでもあると思います。

本来のフォグランプの機能では物足りないかもしれませんが、見た目を気にするなら装着するのもありだと思います。

では最高のCX-5 Lifeを!

コメントを残す