MAZDAの新型発表?次なる一手『NEW Era Begins 4・5とは?』

いつものように仕事をサボってTwitterを眺めていると、こんなTweetが目に止まりました。

どこのサイトかわかりませんが(調べようとしていない)、恐らくどこかの販社(ディーラー)のHPであると予想できます。
スルーしようと思ったのですが、MAZDA大好き管理人としては、やっぱり気になります。
と、いうことで。
この記事では、発表を控えている『NEW Era Begins 4と5』で何が発表されるのか考えてみたいと思います。

NEW Era Beginsとは?

「NEW Era Begins」直訳すると「新時代が始まる」
マツダは、2018年頃から新商品の発表などで度々「NEW Era Begins」という言葉を使ってきました。

8月5日発表予定の「NEW Era Begins 4」も、8月19日発表予定の「NEW Era Begins 5」も、何かしらの新商品や商品改良が発表される可能性が高いです。
それでは NEW Era Begins 4と5で発表されるものとは何か考えてみたいと思います。

NEW Era Begins 4・5を予想する

5月24日に新世代商品となるMAZDA3を発表し、7月4日にMAZDA6、7月19日にMAZDA2の車名変更を含む商品改良を発表したばかり。
さらに8月5日にNEW Era Begins 4、8月19日にNEW Era Begins 5を発表する。
立て続けの発表にMAZDAの攻める姿勢がうかがえます。
では NEW Era Begins 4と5で発表されるものとは何でしょうか?
思い当たる節もありますが、希望的観測も含め書いていきましょう。

【本命】新世代商品第2弾 CX-30発表

CX-30サイズ

2019年3月にジュネーブモーターショーで発表されていますが、国内向けCX-30は、まだ未発表のままです。
MAZDA3をベースとしたSUVで、サイズ的にはCX-3とCX-5の中間に位置し、CX-3の居住性や収納力を高めたモデルとも言えます。
サイズ的にも日本での使い勝手がかなり良いのではないかと期待されるモデルです。
このCX-30の国内向け商品のエンジンラインナップや価格、発売日などの詳細が発表される可能性が高いです。
SKYACTIV-Xも搭載されるはずなので楽しみですね。

【本命】SKYACTIV-X発表

SKYACTIV-Xも公開はされているものの、詳細は発表されていません。
SPCCIというガソリンエンジンとディーゼルエンジンの良いとこ取りをしたようなエンジンがSKYACTIV-Xです。
NEW Era Begins 4と5のどちらかで、MAZDA3、CX-30への搭載、スペック、発売日などが発表される可能性は高い!
MAZDA3が発売されたタイミングでSKYACTIV-X搭載車両は2019年10月頃の発売になるという話もありましたので、タイミング的にもバッチリです。

CX-5、CX-8の商品改良発表

これは希望的観測です。
CX-8の商品改良が発表されたら乗り換えようと思っている私は、CX-8の改良が待ち遠しくてたまりません。
あんな改良になるかな?こんな改良になるかな?と妄想は止まりません・・・

ロードスターの商品改良発表

ロードスターは2018年6月7日に商品改良が発表され、もう一年以上何も改良が加えられていません。
顔つきもロードスターだけ古いままだし、マツダコネクトもApple CarPlayやAndroid Autoに対応していません。
外観デザインの変更を含む大幅改良があってもおかしくはないタイミングに差し掛かっています。

ロータリーエンジンレンジエクステンダー

これは流石に無いと思いますが、ロータリーエンジンの復活を心待ちにしている人も多いと思います。
しかし復活するとは言え、レンジエクステンダーと言ってロータリーエンジンは発電機的な役割を果たすだけ。
RX-7やRX-8とは、違った使い方となるので、ロータリースポーツ復活!ということにはなりません・・・。

【まとめ】NEW Era Begins 4・5 とは?

8月に発表されるであろう NEW Era Begins 4 と 5 を予想してみました。
希望的観測も書きましたが、CX-30とSKYACTIV-Xの発表で十中八九決まりですかね。
予想を覆すようなサプライズがあると面白いのですが・・・。
なにはともあれ、この発表がマツダファンをワクワクさせるものであることは間違いないはずです!
期待を込めて、楽しみに8月5日と19日を待ちましょう。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
YouTubeに動画投稿もしています。チャンネル登録してね!

 
この記事のURLをコピーしてシェア!

MAZDAのクルマを賢く買う方法

近年、マツダディーラーは値引きをしない傾向にあります。
販社によって多少の違いはあるものの、全体的に値引き額が下がっているのは事実です。
値引きをしない代わりに、下取り価格を頑張ってくれるケースは多いですが、下調べなしで下取り査定をしてもらっても、普通の下取り価格になってしまうことも…。
なので、下取りの査定をしてもらう前に愛車の買取相場や下取り相場を確認しておきましょう!
「下取り価格より買取価格の方が高い」ってよく聞きますが、買取価格をもとに下取り価格を交渉した結果10~20万円下取りが高くなり、買取価格と同じになるケースも多いです。
私も下取り査定をしてもらう前に必ず、買取相場を調べています。

買取相場を知る方法

よくあるのはクルマの一括査定ですが、一括査定はオススメできません
申込みをした途端に数社の買取店から電話が引っ切り無しにかかってきて、査定のアポ取り合戦が繰り広げられます。
人を変え、時間を変え、時には電話番号まで変えて査定のアポを取りに来ます。
電話に出るたびに同じ質問に答え、都合を合わせるのも大変。
サイトに入力した個人情報も5~10社に共有されることもあり、情報漏えいのリスクも高まります。
私も経験した上で、もう二度と一括査定は利用したくありません。
そこでオススメのサービスが「ガリバーの愛車無料査定」

ガリバーの愛車無料査定なら電話や査定の対応を何度もする必要ありません。
必要事項を入力して電話がかかってくるのを待つだけ。
申し込みをした途端に電話が鳴り止まなくなるようなことも無いので安心です。
電話で査定の予約をして、あとは査定結果を待つばかり。
ガリバーならお店で査定の対応もしてくれるし、無料で出張査定もしてくれるので、お店に行く手間も省けます。

「ガリバー1社だけの査定で大丈夫?複数社に査定をしてもらった方が高い金額で買い取ってもらえるのではないか?」
そんな心配をする気持ちもあるかと思いますが、買取の上限価格は決まっていて、上限価格より高く買い取ってくれることはありません。
それに、複数社に査定をしてもらっても、高い買取金額を提示できるのは結局大手です。
査定のときに「ディーラーの下取りか買い取りか迷っている」と伝えておくことで、提示する買取金額も頑張ってくれるはずです。
私自身も2度ほどガリバーの買い取りを利用しましたが、2度とも満足の結果になりました。
2度の内、1回はガリバーで中古車まで購入したほどです。
ちなみにガリバーでクルマを買うと、買取金額を更に上げることも可能です。

ガリバーのネットの評判を見ると、中には良くない評価もありますが、大手だけに査定担当の当たりハズレが多少あります。
ですが、査定担当者の対応が良くなかったとしても、買取金額が下がるわけではないので、その場の対応はしっかりとしてもらい、買取金額を出してもらいましょう。
クルマの買取相場をしっかり把握した上で、ディーラーの下取り査定を利用することで、賢くクルマを乗り換えることができます。