オリジナルステッカー販売中!(メルカリ)

【ANKER PowerCore Fusion 5000 レビュー】車でも出先でも充電に困らない充電器一体型モバイルバッテリー

以前は車の中での充電環境を整えるため【Anker PowerDrive Speed2】をご紹介しました。

PowerDriveSpeed2スマホナビを使うなら充電器は【Anker PowerDrive Speed2】に決まり!

多くの反響をいただきましたが、コレだと車内(エンジンがかかっている状態)でしか充電でいないんですよね。

マシン

車外でも充電環境を気にしなくて良くなるアイテムがあるよ!
なになに?教えてぇ!

ソウル

エコを心がけるなら不要なアイドリングは避けたいもの。

すると思いつくのはモバイルバッテリーですよね?

でもモバイルバッテリーの充電って意外と億劫だったりします。

今回ご紹介するのは車内でも車外でも使えるモバイルバッテリー【ANKER PowerCore Fusion 5000 】

パワーコアフュージョン5000はモバイルバッテリーと急速充電器(充電アダプター)が一体になった1台二役のハイブリッド型充電器。

パワーコアフュージョン一台あれば車内でも出先でもバッテリーを気にすることなくスマホやタブレットを使うことができます。

PowerCore Fusion 5000を簡単に紹介

  • モバイルバッテリーと充電器の機能がニコイチ
  • フル充電でiPhoneXSを2回充電可能
  • スマホ以外も多くの機器の充電ができる
  • ACプラグ付きで本体充電にケーブル不要
  • 最大5V3Aの充電が可能

もちろん私も愛用(溺愛)しています。では詳しく紹介していきましょう。

【ANKER PowerCore Fusion 5000 】とは?

ACプラグ搭載のモバイルバッテリー+急速充電器

1台でモバイルバッテリーと急速充電器(充電アダプター)2つの機能を併せ持つ優れもの!

しかもACプラグを搭載しているので、電源(コンセント)からPowerCore Fusion 5000までのコードも必要ありません。

ANKER独自のPowerIQとVoltageBoostを採用し、スマートフォン、タブレット、ゲーム機やデジタルカメラなどUSB接続機器へのフルスピード充電を実現します。

※Qualcomm Quick Charge(QC)には対応していません。

本体サイズ>縦:69mm × 横:70mm × 厚さ:30mm

カラーはブラック、ホワイト、レッドの3色がラインナップされています。

ホワイトとレッドは在庫切れになっていることが多いので、見つけたら即買いでもOK!

ホワイトとレッドは少し(300円くらい)高いよ。

同梱物

  • PowerCore Fusion 5000本体
  • Micro USBケーブル
  • 収納ポーチ
  • 取扱説明書(日本語あり)

ANKER PowerCoreFusion5000同梱物

ポーチはちょっとチープな印象ではありますが、USBケーブルと一緒に収納することもできるので便利。

ANKER PowerCoreFusion5000ポーチ

USB-Aが2口、MicroUSBが1口ありますが、MicroUSBはPowerCore Fusion 5000本体の充電用になるので接続機器の充電には使えません。

ANKER PowerCoreFusion5000ポート

PowerCore Fusion 5000で充電できる端末
  • スマートフォン
  • タブレット
  • ゲーム機
  • カメラ
  • 電子タバコ など

PowerIQ搭載のためチップが接続された機器を即座に認識し、その機器に適した最大のスピードでの急速充電を可能にしています。

「この機種を充電しても大丈夫かな?」って余計な心配をすることなく使うことができるよ!
参考 Anker独自の急速充電テクノロジーPowerIQankerjapan.com

充電はコンセントに挿すだけ

ANKER PowerCoreFusion5000充電

充電中はインジケータ順に点灯することで充電の進行を確認することができます。

もちろん充電ケーブルを繋げば、このままスマホを充電することができます。

スマホを接続するとPowerCore Fusion 5000本体の充電は一旦停止し、スマホの充電を優先して行います。

スマホの充電が終了すると自動で本体の充電を開始します。

USBケーブルを使って本体充電も可能

ANKER PowerCoreFusion5000USB充電

コンセントをどうしても使うことができない場合は付属のMicroUSBケーブルを使うことでUSB経由の充電も可能です。

【Anker PowerDrive Speed2】と組み合わせれば、車の中でも本体の充電ができるね!

バッテリー容量5000mAh

数字だけで5,000mAhと言われてもピンときませんが、最近の大容量モバイルバッテリーの容量が10,000~20,000mAhと考えると決して大容量とは言えません。

それでも5,000mAhあれば、ほとんどのスマホを1回以上、iPhoneXSなら2回の充電が可能な容量になっています。

コンセントからPowerCore Fusion本体とその他の機器を充電できます。始めにお使いの機器を充電し、その後PowerCore Fusion本体の充電を開始します。そのまま持ち出せば外出先であっても、iPhone XSを約2回、その他スマートフォンを1回以上フル充電が可能です。

出典:https://www.ankerjapan.com

決して多くは無いけど必要にして十分な充電容量です。

バッテリー残量はインジケータで確認

丸いボタンを押すと3つのランプで電池残量を3段階表示してくれます。

【ANKER PowerCore Fusion 5000 】レビュー

【PowerCore Fusion 5000 】の良いところ

2台同時に充電可能

USB-Aポートが2口あるので2台まで同時充電が可能です。

ただし、2台を同時に充電すると1台に対する電圧が下がってしまうので充電速度は遅くなります。

荷物が減らせる

例えば一泊でも旅行に行くことをイメージしてみましょう。

モバイルバッテリーを持っていく場合
  • スマホの充電器
  • スマホの充電コード
  • モバイルバッテリー
  • モバイルバッテリーの充電コード
ANKER PowerCore Fusion 5000の場合
  • PowerCore Fusion 5000
  • スマホの充電コード

荷物の数は半分になるのにできることは同じ!

コンセントにさして寝ていれば翌朝にはスマホもPowerCore Fusion 5000もフル充電になっているので使い勝手も良いです。

充電を忘れない

モバイルバッテリーを持ち出したは良いけど「モバイルバッテリーの充電がない」ってことが発生しません。

普段からスマホの充電をPowerCore Fusion 5000で行えばモバイルバッテリーは常にフル充電状態。

急な外出でもコンセントから抜いて持っていくだけでOK!

「モバイルバッテリーを充電する」という行動が必要なくなります。

【PowerCore Fusion 5000 】の良くないところ

QC対応でない

急速充電はできるのですが、QuickCharge対応ではありません。

QuickCharge対応であれば、接続する機種をもっと早く充電することができたのに残念(ただしQuickCharge対応機種に限る)

サイズ(厚さ)が気になる

コンパクトではあるのですが、厚さは気になります。

厚さは30mmとは言え、最近のモバイルガシェットの中では厚い部類に入ります。

カバンの中に入れていても気にはなりませんが、ポケットに入れて持ち歩けるほどスタイリッシュではありません。

ACプラグ内蔵なので、これ以上薄くするってのも厳しそう・・・

まとめ【ANKER PowerCore Fusion 5000 レビュー】車でも出先でも充電に困らない充電器一体型モバイルバッテリー

ANKER PowerCore Fusion 5000の評価
サイズ・携帯性
(4.0)
充電容量
(4.5)
使いやすさ
(4.5)
プライス
(4.0)
総合評価
(4.5)

普段から使える万能性の高いモバイルバッテリー。

モバイルバッテリーの充電は思った以上に面倒な動作。

スマホも毎日充電しなければならないので、プラグやらコードやらで消耗することがなくなります?

PowerCore Fusion 5000ならコンセント挿してスマホつなぐだけ(スマホの充電をする行動と同じ動作)でスマホもモバイルバッテリーも充電できちゃいます!

「モバイルバッテリーと充電器」機能がニコイチなら、充電動作もニコイチに出来るね!

そういうこと!

友人や家族のプレゼントにも喜ばれそう!

以上 ANKER PowerCore Fusion 5000の紹介&レビューでした。

最後までお付き合いいただきありがとうございます(^^)