CX-30ワイパーレス化【必要なものと手順を解説】

みなさん こんにちは!エムブロです!
いつもブログを見ていただきありがとうございます。

今回はCX-30のプチカスタマイズということでCX-30をリアワイパーレスにしていこうと思います。

CX-30のリアビューは非常に美しいのですが、リアワイパーがなんとなくジャマをしているような気がしていました。
それに、リアワイパーって使う人は使うけど、使わない人は全く使わない装備だと思います。
私はリアワイパー使わない派なので、この際取ってしまおうというわけです。
(もちろん取っても車検は問題ありません)

今回はリアワイパーレスに使用した商品やリアワイパーレスに必要な工具、手順までしっかり解説していきますので、リアワイパーレスに興味のある方は、ぜひ最後までご覧ください。

CX-30リアワイパーレスキット

今回はヤフオクでリアワイパーレスキットを購入しました。

トヨタやホンダに比べると、マツダ車に対応したリアワイパーレスキットはとても少ないです。

https://mzcarblog.com/wp-content/uploads/2018/08/41ed4182e2c64ed8b90d14152001b2fc.jpg
マシン

ヤフオクで[マツダ リアワイパーレスキット]と検索するとヒットします。

マツダ車のリアワイパー取り付け用の穴は、22.5mmと他のメーカーに比べると小さいので、アマゾンや楽天で見ても、なかなか適合するものを見つけられません。
普段はあまり利用しないのですが、今回はヤフオクでリアワイパーレスキットを購入しました。

アマゾンや楽天でも適合するものを見つけたので参考にしてください。

マッスルマジックの製品は、ボルトの長さが足りない可能性が高いので、取り付けるには一工夫が必要になります。

リアワイパーレスに必要な工具

リアワイパーレス化に必要な工具
  • 内張り剥がし
  • 10mmのスパナやソケット
  • プラスドライバー#1
  • ビニールテープ
  • マスキングテープ

マスキングテープは無くても大丈夫ですが、準備していれば傷を付けるリスクを減らすことができます。
内張り剥がしの代わりにマイナスドライバーを代用することもできますが、マイナスドライバーは傷を付ける可能性が高くなるので注意して使いましょう。

CX-30リアワイパーレス化手順

https://mzcarblog.com/wp-content/uploads/2018/08/41ed4182e2c64ed8b90d14152001b2fc.jpg
マシン

ここからはリアワイパーレスにするための手順を解説していくよ!

リアワイパーレスにするための手順は大きく4つです。

リアワイパーレス手順
  1. リアゲートの内張り剥がし
  2. リアワイパー・モーター取り外し
  3. リアワイパーレスキット取り付け
  4. リアゲート内張り戻し

リアゲートの内張りを全て剥がす必要があるので、多少勇気のいる作業になりますが、やり方を間違えなければ、壊す心配はありません。
できるだけ丁寧に解説していくので、参考にしていただければと思います。

詳しいバラし方は動画を見ていただくとして、ブログではリアワイパーレスのメリット・デメリットについてお話していきたいと思います。

リアワイパーレスのメリット

見た目がスタイリッシュ

リアワイパーが無くなることで、シンメトリーな感じが増して、スタイリッシュな印象がより強くなります。

https://mzcarblog.com/wp-content/uploads/2018/08/41ed4182e2c64ed8b90d14152001b2fc.jpg
マシン

リアワイパーがあると左右非対称になるからね!

ワイパーで汚れない

リアワイパーがあることで、ワイパーに汚れが貯まってガラスが汚れることが無くなりました。
また、リアワイパーを動かすことでできるリアゲートの汚れともサヨナラ。

黄砂や花粉が多い時期は、筋状に垂れたように汚れが付着するので見た目も良くありません。
リアワイパーを無くすことで、こういった汚れも防止することができます。

洗車しやすい

これは本当にちょっとしたことですが、洗車もしやすくなりました。
リアワイパーの下の部分は、リアゲートの構造上汚れが溜まりやすいのに、狭くて洗いにくい場所でした。

汚れが溜まるのは同じですが、洗車がしやすくなるだけでストレスが軽減できます。

リアワイパーレスのデメリット

リアドラレコに汚れが映る

リアカメラ搭載のドライブレコーダーとの相性はイマイチ。
リアワイパーが無くなることで、カメラの前のガラスが汚れても、車内からキレイにする方法が無くなります。
リアカメラに汚れが映り込み、映像の鮮明さを残ってしまう可能性が高くなるのは、悩みポイントの一つになりそうです。

【まとめ】CX-30リアワイパーレス

ということで、CXー30 リアワイパーレスについてお届けしてきました。

リアワイパーを使い人にとっては、時間を掛けて不便にするとだけというお話になってしまいましたが、リアワイパーを使わず見た目重視の方にはオススメです。

作業時間は、慣れている方で1時間〜1時間半くらい。不慣れな方だと2時間以上を目安にしておくと良いかもしれませんね。
ケガの無いよう充分注意して作業を進めていただければと思います。

リアワイパーが無くなるだけで、後ろ姿の印象が結構変わるので良かったらお試しください。

この記事のURLをコピーしてシェア!

ネットで買ったアイテムを取付けるには?

ネットで買ったカー用品を取り付けることができない!
経験したことがある人も少なくないはずです。
そんな時はGoo Pit(グーピット)を使って、パーツの取付をしてくれるカーショップを探しましょう!

グーピットは、パーツの持ち込み取り付けや車検、オイル交換、整備、板金、修理など、車のメンテナンスからカスタムまで行ってくれる近所のカーショップや整備工場を検索できるサービスです。

★無料★近所のショップや整備工場を探す

ネットで購入したパーツの取り付けOK!

お住まいの地域と整備内容を選択するとカーショップや整備工場の一覧が表示されるので、気になるショップにメールか電話で問い合わせをするだけ。
各ショップや整備工場の評価も見ることができるので、安心して問い合わせをすることができます。
問い合わせはもちろん無料!

カンタンに検索、問い合わせを無料ですることができるので、パーツの取り付けやクルマのメンテナンスで困ったらGoo Pitを使ってみてください。