CX-30用ラゲッジマット購入【カーボンファイバー調ラゲッジマットレビュー】

どうも!エムブロです!
今回もご覧いただきありがとうございます。

さて、今日はCX-30のためにあるものをポチりましたので、ご紹介をしたいと思います。
そのあるものとは、こちらラゲッジマットです。

今回もCX-5に引き続きラバー製のラゲッジマットを購入しました。
以前、別の記事でもご紹介したことあるのですが、ラバー製のラゲッジマットってマツダのクルマをキレイに使うなら必須アイテムだと思っています。

今回はHotfieldさんのカーボンファイバー調ラバー製ラゲッジマットを購入したので、開封と設置、簡単なレビューをお届けします。
早速、見ていきましょう!

CX-30用ラゲッジマット

 

ラバー製ラゲッジマットをおすすめする理由

まずは、ラバー製ラゲッジマットが必須だと思っている理由を簡単にお伝えしようと思います。

CX-30に限らずマツダ車のラゲッジは、フェルト(不織布)のような材質の生地で覆われています。
安っぽい感じも無いし、強度も高そうではあるのですが、非常に掃除しにくいのです。
ラゲッジルームにイロイロな荷物を積み込むと、どうしても小さなゴミや砂が一緒に入り込んでしまいます。
この小さなゴミや砂が掃除機かけてもなかなか取れない!ガムテープでペタペタやっても取れない!
ゴミが入らないように注意していても、荷物を積み降ろしすれば、いつの間にかゴミやら砂やらでラゲッジルームが汚れてしまう。
その度に、掃除機やらガムテープやらで時間かけて掃除するのは効率が悪い!というわけで、ラバー製ラゲッジマットは必須アイテムだと思っています。

Hotfieldカーボンファイバー調ラゲッジマット

そこで購入したのが、Hotfieldさんのカーボンファイバー調ラゲッジマットです。

純正のラゲッジマットも用意されているのですが、カーペットタイプ(¥11,880)だったりプラスチックのラゲッジトレイハードタイプ(¥21,560)だったり、価格もですが、私の理想のイメージには合わないということで、社外品の登場を待ちわびていたところ、ようやく発売されました。
Hotfieldさん!ありがとうございます!
Amazonで購入して¥7,700。
注文して到着まで1週間ほど時間がかかりました。

広げると一枚物で両サイドの出っ張りの部分もしっかりカバーされています。
しっかりしたステッチですが、厚みは抑えられていてなかなか良いのではないでしょうか。

フィット感はスゴく良いです!四隅の感じと左右の出っ張りの部分もピッタリですね。

設置直前までまで丸まっていたので、端っこの方には、少し浮き上がりはありますが、時間が経てばキレイに伸びると思います
サブトランクにアクセスするためのストラップは、ラバーマットの上に引き出せるようになっているので、サブトランクへのアクセスが悪くなることもありません。

表面はカーボンファイバー風の加工がされてあります。
リアルカーボンのように、ちゃんと繊維を織り込んだように見える柄。スゴくないですか?

ラバーマットでココまで表現できるって凄いですよね。全然安っぽい感じもしないしめちゃくちゃ良いです!
グリップ力もあるので、荷物を載せて加速減速を繰り返しても、荷物がズレることも無さそう。
防水性もバッチリなので、マリンスポーツや釣りを趣味にしている方は重宝するのではないでしょうか。

裏面はしっかりと厚みのあるフェルト生地になっていて、純正のラゲッジの生地としっかり噛み合うので、引っ張っても簡単にズレることは無さそうですね。
このフェルト生地には、ロードノイズを軽減したり吸音効果もあるそうです。
吸音効果は実際に効果を体感できるほどではありませんが、クッション性も良く硬いものを載せてもクルマを守ってくれる安心感はあります。

ゴミや砂が入った時の掃除もしやすくなりますし、汚れてしまったら水で濡らした雑巾でキレイにすることもできます。
掃除機が面倒なら、マットを取り出して叩くこともできます。
ラゲッジルームの汚れを気にせず使えるようになるので、使い勝手も良くなってくると思います。

おまけ【同素材のコースターを試す】

ノベルティーとしてラゲッジマットと同じ素材のろリンクホルダー用ラバーコースターが入っていたので、設置してみようと思います。

ドリンクホルダーの中に敷くだけですね。ちょっと緩い感じはありますが、まぁOKですかね。暫くこのまま使ってみようと思います。

【まとめ】CX-30用ラバー製ラゲッジマット

ということで、Hotfieldさんのカーボンファイバー調ラバー製ラゲッジマットをご紹介をしてきました。
ラゲッジルームをあまり使わない方には必要ないかもしれませんが、趣味の道具やお子さんのベビーカーや遊び道具を載せる機会のある方は、どうしてもラゲッジにゴミとか砂が入り込んでしまうので、ラバー製ラゲッジマットはオススメです。
汚れを気にしなくて良くなるし、掃除もラクになるので、使い勝手もグッと良くなると思います。
皆さんも気になったらぜひお試しください。

この記事のURLをコピーしてシェア!

MAZDAのクルマを賢く買う方法

近年、マツダディーラーは値引きをしない傾向にあります。
販社によって多少の違いはあるものの、全体的に値引き額が下がっているのは事実です。
値引きをしない代わりに、下取り価格を頑張ってくれるケースは多いですが、下調べなしで下取り査定をしてもらっても、普通の下取り価格になってしまうことも…。
なので、下取りの査定をしてもらう前に愛車の買取相場や下取り相場を確認しておきましょう!
「下取り価格より買取価格の方が高い」ってよく聞きますが、買取価格をもとに下取り価格を交渉した結果10~20万円下取りが高くなり、買取価格と同じになるケースも多いです。
私も下取り査定をしてもらう前に必ず、買取相場を調べています。

買取相場を知る方法

よくあるのはクルマの一括査定ですが、一括査定はオススメできません
申込みをした途端に数社の買取店から電話が引っ切り無しにかかってきて、査定のアポ取り合戦が繰り広げられます。
人を変え、時間を変え、時には電話番号まで変えて査定のアポを取りに来ます。
電話に出るたびに同じ質問に答え、都合を合わせるのも大変。
サイトに入力した個人情報も5~10社に共有されることもあり、情報漏えいのリスクも高まります。
私も経験した上で、もう二度と一括査定は利用したくありません。
そこでオススメのサービスが「ガリバーの愛車無料査定」

ガリバーの愛車無料査定なら電話や査定の対応を何度もする必要ありません。
必要事項を入力して電話がかかってくるのを待つだけ。
申し込みをした途端に電話が鳴り止まなくなるようなことも無いので安心です。
電話で査定の予約をして、あとは査定結果を待つばかり。
ガリバーならお店で査定の対応もしてくれるし、無料で出張査定もしてくれるので、お店に行く手間も省けます。

「ガリバー1社だけの査定で大丈夫?複数社に査定をしてもらった方が高い金額で買い取ってもらえるのではないか?」
そんな心配をする気持ちもあるかと思いますが、買取の上限価格は決まっていて、上限価格より高く買い取ってくれることはありません。
それに、複数社に査定をしてもらっても、高い買取金額を提示できるのは結局大手です。
査定のときに「ディーラーの下取りか買い取りか迷っている」と伝えておくことで、提示する買取金額も頑張ってくれるはずです。
私自身も2度ほどガリバーの買い取りを利用しましたが、2度とも満足の結果になりました。
2度の内、1回はガリバーで中古車まで購入したほどです。
ちなみにガリバーでクルマを買うと、買取金額を更に上げることも可能です。

ガリバーのネットの評判を見ると、中には良くない評価もありますが、大手だけに査定担当の当たりハズレが多少あります。
ですが、査定担当者の対応が良くなかったとしても、買取金額が下がるわけではないので、その場の対応はしっかりとしてもらい、買取金額を出してもらいましょう。
クルマの買取相場をしっかり把握した上で、ディーラーの下取り査定を利用することで、賢くクルマを乗り換えることができます。