【センサーユニットを映さない】マツダ車にオススメのドラレコ3選

コレまでいくつかドラレコを試してきましたが、どうもシックリこない・・・

CX-5に限らず、最近のマツダ車。いや、先進安全技術を搭載したクルマ全般に言えることかもしれません。
ルームミラーの前のセンサーユニットのケースが大きすぎて、ドラレコを取り付ける位置がかなり限定されてしまうのです。
好みの位置に取り付けようと思うと、センサーユニットが映り込む。
センサーユニットが写り込まない位置に取り付けると、不格好な位置になり運転視界の妨げになってしまう。
ドライブレコーダーを取り付けるなら、センサーユニットが映り込まないようにしたいし、視界の邪魔にならない位置に取り付けたいですよね。
そんなジレンマを払拭する事のできるドライブレコーダーはないものか?
今回は変に取り付け場所を変えなくても、センサーユニットが写り込まないドライブレコーダーをご紹介します。

センサーユニットを移さないドラレコ

ルームミラー前のセンサーユニットが大きいとドライブレコーダーを選ぶのも一苦労。
最近のドライブレコーダーは超広角レンズを搭載していることも多く、非常に広範囲の映像を記録することができるようになりました。
一方で、クルマは先進安全技術を搭載することで、多くのセンサーやカメラを装備します。
ルームミラーの前に大きなケースがあるようだったら、中にセンサーやカメラの入ったセンサーユニット。

カメラやセンサーの入ったカバー

このセンサーユニットがドライブレコーダー選びを難しくしている要因とも言えます。
そう。カメラは広範囲を捉える一方、センサーユニットは大型化しているので、ドライブレコーダーのカメラにセンサーユニットが映り込んでしまうのです。

写真のように右側にはセンサーユニット、左側にはAピラーの下部が写り込んでしまいます。
すると自車に近い位置から接触があった場合の映像証拠が不十分となってしまう可能性可能性が高まります。

だったらセンサーユニットが写り込まない位置に取り付ければ良いんじゃないの?

ソウル

その通りなのですが、ドライブレコーダーのカメラは超広角レンズ。
センサーユニットが映り込まない位置に調整すると…

運転席から見たドラレコの位置

ドライブレコーダーがかなり下方かつ左側(運転席側に取り付ける場合は右側)になり、運転視界を妨げることになっていまします。
ドライブレコーダーの取り付け位置には決まりがあり、場合によっては違反になってしまうことも…

ドラレコ取り付け位置の基準
  • 車室内後写鏡(バックミラー)により遮蔽される前後ガラスの範囲
  • ガラス開口部の実長20%以内の範囲
  • ガラス下部より車体と平行な部分から実長150mm以内の範囲

つまりフロントガラスの上下20%以外の場所と、運転時の視界を大きく妨げる位置に設置することが禁じられています。
基準から大きく外れている場合は車検の通過などに影響が出てきてしまう可能性もあります。

コレだと運転のジャマになってしまうね…
何か良い方法はないのかな?

ソウル

マシン

それならブラケット一体型のドライブレコーダーで決まりだよ!

ブラケット一体型ドライブレコーダー

ドライブレコーダーを取り付けるブラケットをフロントガラスに貼り付ける一般的な吊り下げタイプではなく、本体に接着面があり本体ごとフロントガラスに貼り付けるブラケット一体型
ブラケット一体型は本体が吊り下げタイプよりコンパクトで、取り付け位置の自由度が高く、フロントガラスの上部に取り付けることができるため、視界を妨げることなく取り付けることができます。
尚且、ガラス面に近い位置(前側)にレンズがあるため、センサーユニットの映り込みにくくなります。

https://jpn.pioneer/ja
https://i1.wp.com/mzcarblog.com/wp-content/uploads/2018/08/41ed4182e2c64ed8b90d14152001b2fc.jpg?w=880&ssl=1
マシン

最初から一体型のドラレコを選べばよかった…

MAZDA車にオススメドラレコ3選

https://i1.wp.com/mzcarblog.com/wp-content/uploads/2018/08/41ed4182e2c64ed8b90d14152001b2fc.jpg?w=880&ssl=1
マシン

オススメのブラケット一体型ドライブレコーダーを3つ紹介するよ!

パイオニア VREC-DZ600C

created by Rinker
カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)

夜間の撮影に適したSONY製CMOSセンサー「STARVIS™」の採用し、従来のドライブレコーダーに比べて100分の1以下の光量でも撮影可能な「ナイトサイト」に対応したドライブレコーダー。
カメラは180°回転させることが可能で、長時間クルマを離れる際は、カメラを内側に向けることで車内の録画も可能になります。
記録した映像は、スマートフォンアプリで直ぐに確認することもできます。
内蔵バッテリーで駐車場監視機能も使えるスグレモノです。

コムテック HDR-75GA

created by Rinker
コムテック(COMTEC)
¥21,490 (2019/10/15 10:49:16時点 Amazon調べ-詳細)

コムテック HDR-75GAは、逆走監視機能の付いた安心安全なドライブレコーダーです。
GPSで監視することで、逆走を監視するだけでなく、事故多発地点やヒヤリハット地点のアナウンスもしてくれます。
駐車場監視機能は別売りの配線コードを購入することで機能させることができます。
コムテックのドライブレコーダーは、保険付帯サービズが利用できます。
購入後にHPから申し込みをすることで、万が一事故にあった場合に交通事故障害保険サービスを受けることができます。
お守りとしての効果も高いドライブレコーダーです。

AUKEY DR02D

created by Rinker
AUKEY
¥13,999 (2019/10/15 10:49:17時点 Amazon調べ-詳細)

最後はAUKEY DR02D。
リーズナブルな価格ながら、前後2カメラで車両の後ろも記録可能なドライブレコーダーです。
ソニー製のセンサーを搭載しているので、画質も問題なし!
シガーソケットから電源を取るタイプで必要なものは全て入っているので、付属品を買い足す必要もありません!
コンパクトボディーで前後同時録画、価格もリーズナブルと欲張りなドライブレコーダーです。

【まとめ】マツダ車におすすめドライブレコーダー

マツダ車もしくはフロントセンサーユニットが大きな車種に適したドライブレコーダーをご紹介してきました。
ブラケット一体型を選ぶことで、運転のジャマにならず、ドライブレコーダーを取り付けることができます。
今のドライブレコーダーを購入するときに、このブラケット一体型の選択肢が無かったわけではないので、今となっては何故ブラケット一体型を選ばなかったのか後悔しかありません。
当時はレーダー探知機とセットで相互通信可能なドラレコ探してたので、ブラケット一体型が候補に入っていませんでした…
後日になりますが、オススメのドライブレコーダーの中から1個を選んで、取り付け(買い替え)をしてみようと思います。
その時は、レビュー記事をアップするのでお楽しみに!
レビューは、YouTube動画にするかもしれないので、良かったらチャンネル登録お願いします。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
また次の記事でお会いしましょう。