【MAZDA3 FASTBACKのグレード選び】装備の違いを確認!LPackageはコスパ悪い?

2019年5月に発売されたMAZDA3。

購入を検討するにあたり、大切なのがグレード選びです。
でもMAZDA3のグレードを見て

「グレード多くね?しかも よくわかんない…」

って思った人も少なく無いと思います。
MAZDA3はグレードが多くなっただけでなく、装備の有無も複雑になっており、以前のように「LPackageを選べば全部入りで安心」という訳でもありません。
そこで、この記事ではMAZDA3のグレード毎の装備と選べるオプションにスポットを当て解説をしてきます。
比較の対象になりやすい

  • 25S と 15S Touringの比較
  • PROACTIVE と PROACTIVE Touring Selectionの比較
  • LPackage と Burgundy Selectionの比較

に分けてお伝えして行きたいと思います。

マシン

MAZDA3のグレード選びの参考にしてくださいね!

MAZDA3のグレード解説

MAZDA3のグレードは大きく6つ。

  • 15S
  • 15S Touring
  • PROACTIVE
  • PROACTIVE Touring Selection
  • L Package
  • Burgundy Selection

PROACTIVE、PROACTIVE Touring Selection、LPackage、Burgundy Selectionの4つは、それぞれ20S、XD、X(10月発売予定)のエンジンから選ぶことができます。
各グレードで標準装備と選べるオプションが異なりますので見ていきましょう。
装備に違いがある部分を書き出してお伝えしていきます。

MAZDA3 15Sと15S Touringの装備

MAZDA3の中で一番安価なグレードが15Sとなります。
いわゆるエントリーグレードで営業車なんかにも使われるグレードです。
標準装備も選べるオプションも少ないグレードになります。

参考車両価格

15S(FF):2,181,000円
15S Touring(FF):2,273,880円
4WDは+232,200円

15S → 15S Touringの価格差:92,880円

マシン

MAZDA3で営業に来られたら歓迎しちゃうかも…
15S15S
Touring
クルージング&トラフィックサポート
アダプティブヘッドライト・LED・ヘッドライト
デイタイム・ランニング・ライト
スーパーUVカットガラス+IRカットガラス
自動防眩ルームミラー
自動防眩ドアミラー(運転席側)
ステアリング ヒーター
シフトスイッチ(パドルシフト)
運転席10Wayパワーシート
運転席&助手席シートヒーター
フルオートエアコン
CD/DVDプレーヤー+地上デジタルチューナー
車載通信機
タイヤ&ホイール(18インチ)
アドバンストキーシステム
△はオプションで装備可能

MAZDA3 15Sと15S Touringの選べるオプション

15S15S
Touring
スーパーUVカットガラス+IRカットガラス+CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー
360°セーフティーパッケージ
クルージング&トラフィック・サポート
ドライビング・ポジション・サポート・パッケージ
16インチアルミホイール(ダウングレード)
Boseサウンドシステム+12スピーカー
電動スライドガラスサンルーフ
ー の項目は標準装備

MAZDA3 15Sと15S Touringの違いと特徴

エントリーグレードとあって標準装備も選べるオプションも少なめで、PROACTIVE以上のグレードとは少し差別化されています。
購入時に「価格を抑えて最低限の装備でOK」と考えていても、基本装備が優れている15S Touringを選ぶ方が良さそうです。
価格差は9万円強ですが、装備の内容を見れば9万円以上の価値は十分にあります。
15Sは社用車としてならまだしも、自家用車としては物足りなさを感じる装備の内容だと思います。

MAZDA3 PROACTIVEと
PROACTIVE Touring Selectionの装備

マツダ3のミドルグレードに該当するのがPROACTIVE。
PROACTIVEの装備をさらに充実させたのが、PROACTIVE Touring Selectionとなります。
価格と装備の違いを見ていきましょう。

参考車両価格

PROACTIVE(FF):2,470,000~3,140,000円
PROACTIVE Touring Selection(FF):2,588,800~3,258,800円
4WDは+232,200円(ただし20SはFFのみ)
PROACTIVE → PROACTIVE Touring Selection の価格差:118,800円

PROACTIVEPROACTIVE
Touring
Selection
クルージング&トラフィックサポート
アダプティブヘッドライト・LED・ヘッドライト
デイタイム・ランニング・ライト
スーパーUVカットガラス+IRカットガラス
自動防眩ルームミラー
自動防眩ドアミラー(運転席側)
ステアリング ヒーター
シフトスイッチ(パドルシフト)
運転席10Wayパワーシート
運転席&助手席シートヒーター
フルオートエアコン
CD/DVDプレーヤー+地上デジタルチューナー
車載通信機
タイヤ&ホイール(18インチ)
アドバンストキーシステム

MAZDA3 PROACTIVEと
PROACTIVE Touring Selectionの選べるオプション

PROACTIVEPROACTIVE
Touring
Selection
スーパーUVカットガラス+IRカットガラス+CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー
360°セーフティーパッケージ
クルージング&トラフィック・サポート
ドライビング・ポジション・サポート・パッケージ
16インチアルミホイール(ダウングレード)
Boseサウンドシステム+12スピーカー
電動スライドガラスサンルーフ
ー の項目は標準装備

MAZDA3 PROACTIVEと
PROACTIVE Touring Selectionの違いと特徴

15Sや15S Touringと比較すると「装備が充実しすぎだろ!」と思うくらい一気に装備されるものが増えます。
今までは PROACTIVE だけだったのですが、新型MAZDA3で Touring Selection という PROACTIVE の装備をさらに充実させ、LPackage に寄せたグレードが登場しました。
PROACTIVEではオプションになっている装備(上の表で△)がTouring Selectionでは標準装備となり、PROACTIVEとTouring Selectionの価格差は118,800円。
表の△該当するスーパーUVカット+IRカットガラス、クルージング&トラフィックサポート、ドライビングポジションサポートパッケージの3つのオプションの合計が167,400円なので、同じ装備をつけるのであれば、Touring Selectionの方が48,600円お得な計算になります。

マシン

Touring Selectionは3つのオプションをパッケージにして買いやすくしたグレードだね!

また、PROACTIVEとPROACTIVE Touring Selectionの特徴として16インチアルミホイールへのダウングレードも選択可能です。(LPackageや15S Touringは選択不可)

なにか一つでもPROACTIVE専用装備やTouring Selection専用装備を用意して、もっと明確な差別化ができれば良かったのに…というのが本音です。
価格差が12万円弱で「頑張ればどうにかなる」という良いところを突いてきているだけに、PROACTIVEが少し可哀想にも思えてきます。
マツダとしてはお得な価格で最新の機能(クルージング&トラフィックサポートなど)を試してほしいという狙いがあるのかもしれませんね。
Touring Selectionもお得な価格で装備は充実しますが、訴求はイマイチ弱い感じもあるので、年次改良でどうなるか見守りたいと思います。

MAZDA3 LPackageとBurgundy Selectionの装備

最後はLPackageとMAZDA3 ファストバック専用のBurgundy Selectionの違いについて解説していきます。
LPackageはMAZDA3の上位グレードに位置します。
まずは価格と標準装備の違いから見ていきましょう。

参考車両価格

LPackage(FF):2,649,000~3,319,000円
Burgundy Selection(FF):2,719,200~3,389,200円
4WDは+232,200(ただし20SはFFのみ)
LPackage → Burgundy Selection の価格差:70,200円

LPackageBurgundy
Selection
クルージング&トラフィックサポート
アダプティブヘッドライト・LED・ヘッドライト
デイタイム・ランニングライト
スーパーUVカットガラス+IRカットガラス
自動防眩ルームミラー
自動防眩ドアミラー(運転席側)
ステアリング ヒーター
シフトスイッチ(パドルシフト)
運転席10Wayパワーシート
運転席&助手席シートヒーター
フルオートエアコン
CD/DVDプレーヤー+地上デジタルチューナー
車載通信機
タイヤ&ホイール(18インチ)
アドバンストキーシステム

MAZDA3 LPackageと
Burgundy Selectionの選べるオプション

LPackageBurgundy
Selection
スーパーUVカットガラス+IRカットガラス+CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー
360°セーフティーパッケージ
クルージング&トラフィック・サポート
ドライビング・ポジション・サポート・パッケージ
16インチアルミホイール(ダウングレード)
Boseサウンドシステム+12スピーカー
電動スライドガラスサンルーフ
ーの項目は標準装備。電動スライドサンルーフはX専用

MAZDA3 LPackageと
Burgundy Selectionの違いと特徴

LPackageとBurgundy Selectionの一番の違いはシートカラーで、基本的には内装の色違いと思っていただいて問題ないです。
レッドのパーフォレーションレザーはBurgundy Selection専用カラーとなり、ファストバックのみに用意されています。(セダンにBurgundy Selectionはなし)
装備品の違いはスーパーUVカット+IRカットガラスとCD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(48,600円)で、LPackageにこのオプションを選択するとBurgundy Selectionの内装色違いとなります。

マシン

LPackageとBurgundySelectionの価格差が70,200円だから
70,200円 ー 48,600円 でレッドのパーフォレーションレザー価格は 21,600円と考えることもできるね。

ガラスとCD/DVDプレーヤーくらいの違いだったら、LPackageも標準装備にすればよかったのに と思うのは私だけでしょうか?

LPackageで注意したいのは
16インチアルミホイールへのダウングレードオプションの選択ができなくなる。
電動スライドガラスサンルーフは X 専用装備になる。
という2点です。
MAZDA3より前はXDのLPackageのみサンルーフの装着が可能でしたが、今回から X のみとなりました。

マシン

マツダのサンルーフは最上位機種だけの特権みたいなものだね。

MAZDA3のMTに乗りたい時は

MAZDA3でMTの設定があるのは 15S と X だけです。
15Sは売りが少ないと思っていましたが、MTという思わぬ差別化がされています。
X は10月発売予定で価格もかなり高くなると予想されるし、新しいエンジンなのでリコールなどのリスクも高まります。
MTにこだわるのであれば 15S Touringが狙い目!
15S TouringのATは、キックダウンが多いので、MTの方が快適に運転できる可能性もあります。

【まとめ】MAZDA3グレードの違い

MAZDA3の購入で比較対象になりそうなグレード同士の比較をしてきましたがいかがでしたか?
今回、グレード比較をしてみた感想として
15Sと15S Touring意外のグレードは、グレード感の差別化が少なくなったように思いました。
PROACTIVEもLPackageもBurgundy Selectionも基本的な装備は同じで、内装とシートの素材や色、加飾の違いに留まります。
MAZDA3以前の車種はLPackageだけにしかない装備があり、PROACTIVEをいくらオプション盛り盛りにしてもLPackageと同じにはなりませんでしたが、MAZDA3はPROACTIVE Touring Selectionを選べば、基本的にはLPackageと同等の装備となります。
嬉しくもありますが、LPackageの特別感が無くなってしまったようにも感じます。
言い換えれば、上のグレードを選ぶほどコスパが悪いとも表現できます。
もちろんパーフォレーションレザーシートが特別ではあるのですが、もっと差別化しても良いなと言うのが本音です。

おすすめはPROACTIVE Touring Selection や L Package 辺り。
個人的に本気で購入を検討するならPROACTIVE Touring Selection で、16インチダウングレード選択して、好みのアルミホイールを考えたいところです。

以上 MAZDA3のグレードの違いをお届けしてきました。
YouTube動画の投稿もしています。
チャンネル登録していただけると嬉しいです!

 

では、また次のブログでお会いしましょう!
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

この記事のURLをコピーしてシェア!

MAZDAのクルマを賢く買う方法

近年、マツダディーラーは値引きをしない傾向にあります。
販社によって多少の違いはあるものの、全体的に値引き額が下がっているのは事実です。
値引きをしない代わりに、下取り価格を頑張ってくれるケースは多いですが、下調べなしで下取り査定をしてもらっても、普通の下取り価格になってしまうことも…。
なので、下取りの査定をしてもらう前に愛車の買取相場や下取り相場を確認しておきましょう!
「下取り価格より買取価格の方が高い」ってよく聞きますが、買取価格をもとに下取り価格を交渉した結果10~20万円下取りが高くなり、買取価格と同じになるケースも多いです。
私も下取り査定をしてもらう前に必ず、買取相場を調べています。

買取相場を知る方法

よくあるのはクルマの一括査定ですが、一括査定はオススメできません
申込みをした途端に数社の買取店から電話が引っ切り無しにかかってきて、査定のアポ取り合戦が繰り広げられます。
人を変え、時間を変え、時には電話番号まで変えて査定のアポを取りに来ます。
電話に出るたびに同じ質問に答え、都合を合わせるのも大変。
サイトに入力した個人情報も5~10社に共有されることもあり、情報漏えいのリスクも高まります。
私も経験した上で、もう二度と一括査定は利用したくありません。
そこでオススメのサービスが「ガリバーの愛車無料査定」

ガリバーの愛車無料査定なら電話や査定の対応を何度もする必要ありません。
必要事項を入力して電話がかかってくるのを待つだけ。
申し込みをした途端に電話が鳴り止まなくなるようなことも無いので安心です。
電話で査定の予約をして、あとは査定結果を待つばかり。
ガリバーならお店で査定の対応もしてくれるし、無料で出張査定もしてくれるので、お店に行く手間も省けます。

「ガリバー1社だけの査定で大丈夫?複数社に査定をしてもらった方が高い金額で買い取ってもらえるのではないか?」
そんな心配をする気持ちもあるかと思いますが、買取の上限価格は決まっていて、上限価格より高く買い取ってくれることはありません。
それに、複数社に査定をしてもらっても、高い買取金額を提示できるのは結局大手です。
査定のときに「ディーラーの下取りか買い取りか迷っている」と伝えておくことで、提示する買取金額も頑張ってくれるはずです。
私自身も2度ほどガリバーの買い取りを利用しましたが、2度とも満足の結果になりました。
2度の内、1回はガリバーで中古車まで購入したほどです。
ちなみにガリバーでクルマを買うと、買取金額を更に上げることも可能です。

ガリバーのネットの評判を見ると、中には良くない評価もありますが、大手だけに査定担当の当たりハズレが多少あります。
ですが、査定担当者の対応が良くなかったとしても、買取金額が下がるわけではないので、その場の対応はしっかりとしてもらい、買取金額を出してもらいましょう。
クルマの買取相場をしっかり把握した上で、ディーラーの下取り査定を利用することで、賢くクルマを乗り換えることができます。