オリジナルステッカー販売中!(メルカリ)

【NANAMI 車載ワイヤレス充電器搭載スマホホルダー レビュー】オートホールド、ワイヤレス充電の便利ホルダー

皆さんは車を運転中のスマホを置く位置って決まっていますか?

私はいつもドリンクホルダーやエアコンスイッチパネル下の小物入れに置いていたのですが、同乗者がドリンクホルダー使えなかったり、スマホが必要なタイミングでなかなか取り出せなかったり、何かと不便を感じるようになっていました。

車内をスッキリさせたいって思いもあり。スマホホルダーは長いこと使っていなかったのですが、Amazonで面白そうな商品を見つけたので購入してみることに。

ワイヤレス充電もできるスマホホルダー。

あまり聞き馴染みのないメーカーだけど大丈夫?

ソウル

マシン

スマホの充電器関連の商品には強そうだから大丈夫!

NANAMIというあまり馴染みのないメーカーでしたが、スマホのワイヤレス充電関連の商品は強そうだったので購入してみました。

この記事では【NANAMI 車載ワイヤレス充電器搭載スマホホルダー レビュー】をお届けします。

NANAMI 車載ワイヤレス充電器搭載スマホホルダーってどんな製品?

ワイヤレス充電器が一体になった車載のスマホホルダーです。

4.5インチ~6.5インチのスマホに対応しており、多くのスマホをホールドすることが可能です。

車両との接続はUSBケーブルで行い、スマホホルダー側はUSB-Cなので急速充電にも対応しています。

急速充電対応機種
iPhone各機種(iPhone X/ XS/ XR/ XS Max/ 8 / 8 Plusなど)7.5W急速対応
Android端末(Galaxy S9/S9 Plus/Note9/Note8/S8/S8Plus/S7/S7 Edge/Note 5/S6 Edge Plusなど)10w急速充電対応

スマホ本体をホルダーに乗せるとセンサーが反応して自動でホールド。タッチセンサーに触れることでホールドが解除され、スマホの取り出しも簡単です。

ホルダーの向きは縦・横どちらも固定可能なので、スマホをナビ代わりに使うこともできる。

スマホナビを多用する人には大切な機能だね。

ホルダー側はソフトシリコンでコーティングされているのでスマホを傷つける心配もありません。

同梱品

NANAMI同梱品

  • 本体
  • エアコンルーバー用クリップ
  • 固定用ナット
  • USBケーブル
  • 取扱説明書

本体の所見は思ったより高級感があるって印象です。(最初はもっとチープなのを想像してた・・・)

スマホを挟むアームや台座の部分はシリコンで保護されているし、本体もレザー風のシートで覆われているので、ホルダーでスマホを傷つけることもありません。

本体を振ってもガタツキはないので、走行中に振動でカチャカチャ音がする心配もなさそう。

エアコンルーバー用クリップも思ったよりしっかりした作りで、クリップ下のレバーで簡単に固定ができるようになっていたり、取り付けに対する配慮も感じることができます。

本体裏側

本体裏側にはホールド解除ボタンがあります。

クリック感のあるボタンで押しやすいです。

取り付け方法

エアコンの吹出口に取り付けるよ!
Step1
ホルダー組み立て①
固定用ナットをエアコンルーバー用クリップのボール部分に通します。(ナットには裏表があるので注意しましょう)

Step2
ホルダー組み立て②
本体の裏側にエアコンルーバー用クリップを取り付けます。クリップのボール部分を押し込み(少し力が必要)

ナットを回して固定します。

Step3
ホルダー取り付け
クルマのエアコン吹出し口に固定します。

クリップのレバーを反対側に倒すと固定できます。(できるだけ下のルーバーに取り付けましょう。理由は後説)

Step4
ケーブル接続
USBケーブルを接続します。

接続するとアームが開き、本体下のランプが赤く点灯します。

Step5
動作確認
ワイヤレス充電対応のスマホを置いてアームが閉じれば設置完了です。

車種によっては車両側にUSBポートが無かったり、ポートがあってもUSBケーブルの長さが足りないことがあるかもしれません。

その時はシガーソケットをUSBポートに変換しましょう。

PowerDriveSpeed2スマホナビを使うなら充電器は【Anker PowerDrive Speed2】に決まり!

NANAMI 車載ワイヤレス充電器搭載スマホホルダー レビュー

さぁ!ココからは実際に使ってみて感じたことを伝えていくよ!
みんなが知りたいのは、やっぱりレビューだよね!

NANAMI 車載ワイヤレス充電器搭載スマホホルダーの良い点

質感が高く、高級感がある

レザー風の本体表面は質感が高く、スマホを傷つけないだけでなく高級感も演出しています。

アームのシリコンパッドはやや安っぽい感じはするものの全体の完成度は高いです。

スマホの固定・充電がスムーズ

本体にスマホを置くと直ぐにワイヤレス充電がスタートし、同時にアームがスマホをホールド。

動きは静かだし、とてもスムーズです。

ホールドの解除もスムーズでストレスを感じることはありません。

注意
スマホをホールドしたままエンジンを切ると、解除スイッチをタッチ(押して)してもスマホを取り出せなくなります。
エンジンを切る前にホールドを解除しておきましょう。

走行中も画面が消えない

当然ですが、走行中であろうとスマホの画面が消えることはありません。

小さな子どもがいるとYouTubeなど動画を見せて大人しくしてもらうことも少なくないので、そんな時も便利!

マツコネのTVキャンセラーなど取り付けていればDVDやTVの動画を走行中も見せることは可能ですが、マツコネを子供に独占されるとナビが使えないので困ることもあります。

子供の退屈対策にも一役買ってくれそうです。

ケースを付けたままでも充電可能

スマホの背面を覆うケースも手帳型のケースも付けたままワイヤレス充電ができます。

ただし、スマホの背面にスマホリングを付けている場合やケースがワイヤレス充電に対応していない場合は充電ができません。

NANAMI 車載ワイヤレス充電器搭載スマホホルダーの悪い点

取り付け角度の調整は困難

本体とスマホの重さに負けてしまって、本体の角度の調整はほぼできません。

縦向きだとホルダー本体が下を向くことはありませんが、横向きだと取り付け位置によっては本体が下を向いてしまい使い物になりません。

取り付け位置が悪いと下を向く

縦向きで垂直を維持するのがやっとって印象で、見やすい角度に設置するのは難しそうです。

下から2番めのルーバーに取り付けるのがオススメ

すると使いやすい角度になる

取り付けるとエアコンのルーバーもやや下向きになり風向きの調整も困難に・・・

ちなみにCX-5の場合、クリップの固定レバーがエアコン吹出し口に干渉してしまうため、固定レバーを上にしなければ取り付けできませんでした。

配線が邪魔

普通に取り付けると配線(USBケーブル)が残念なことになります。

車種(USBポート)の位置にもよりますが、シガーソケットから配線した方がスッキリします。

ワイヤレス充電対応スマホでないとオートホールドしない

ワイヤレス充電開始に合わせアームがホールドする仕組みのようなので、ワイヤレス充電対応のスマホでなければオートホールドは機能しません。

試しにiPhoneSEを載せて見ましたが、本体下の赤いランプが点滅してオートホールドしませんでした。

ワイヤレス充電非対応のスマホでも、タッチセンターを触ればホールドするので、全く使えないわけではありません。

ホールド解除しない(できない)ことがある

ホールドしたままエンジンを切ると解除ボタンを押しても機能しなくなるので、ホールドの解除はできません。

無理やり引っこ抜くことはできますが、ホールドしたままエンジンを切ってしまうと残念な気持ちになります。

またエンジンがかかった状態で解除ボタンを押しても反応しないとこともあり、なかなかの困ったチャン。

解除ボタンを押すと「ウィーン」って音はしてるので反応はしているのですが、アームは動かずスマホを返してくれないこともあります。

マツコネのAndroidAutoやCarPlayは使えない

2018年11月の商品改良でマツダコネクト(マツコネ)はAndroidAutoとApple CarPlayに対応しました。

CX-5 2018年11月年次改良で値上げ!改良前後を徹底比較!装備はどう変わった?

AndroidAutoとCarPlayを使うにはマツコネとスマホのを有線で接続する必要があるため、残念ながらNANAMIの車載ワイヤレス充電器に乗せるだけではAndroidAutoもCarPlayも使うことはできません。

吸盤アームは付属しない

あたかも吸盤アームが付属するかのような取り扱い説明書ですが、吸盤アームはありません。

Amazonの商品ページにある動画にも吸盤アームが映っています。でも吸盤アームは付属しません。

非常に紛らわしい取説&動画です。この辺りは中華クオリティーですね・・・

紛らわしい広告はJAROに通報しちゃうよ…

まとめ【NANAMI 車載ワイヤレス充電器搭載スマホホルダー レビュー】

NANAMI 車載ワイヤレス充電器スマホホルダーの評価
使いやすさ
(3.5)
見た目
(2.5)
質感
(4.0)
総合評価
(3.0)

質感高く使い勝手も悪くないが、取り付け角度や配線など細かなところは気になる。

走行中に外れたり、スマホが落下したりすることはありませんので、最低限の役割は果たしていると思います。(横向きで使っても落ちませんでした)

スマホを縦向きに使うのであれば使えないことはないかな?とも思いますが、配線やら取り付けの角度やら見た目(ビジュアル)が良くない部分が目立ちます。

細かいことを気にしないのであればOKですが、配線含め車内の美観にこだわるのであれば他を探した方が良さそうです。

他といってもワイヤレス充電機能のあるスマホホルダーはどれも同じような配線になるので、結果は変わらないかもしれません。

この製品に限りませんが、エアコンルーバーに取り付けるタイプのスマホホルダーはどれも角度の問題が出てくるので、取り付けにこだわるのであれば吸盤アームタイプのスマホホルダーの方が良いと思います。

もう暫く使って見ようと思いますが、見た目が良いだけに詰が足りないところが残念な感じです。