answer GENESISをキレイに施工するコツと手順!αとβの比較動画あり

car factory answer GENESIS

まだまだ耳にする機会の少ないメーカーですが、ここで作っているコーティングは本当に素晴らしいものです。

元洗車屋(コーティング屋)の私も

「ついに市販のコーティングがここまできたか!」

と驚いています。

洗車キズがつかない?ジェネシス「マジック クロス」は洗車のための究極クロス!スポンジ洗車は危険がいっぱい!

しかし、コーティング成分濃度を濃くするということは、ムラになりやすくなり施工難易度を上げることにもなります。

せっかく良いコーティングなので、皆さんにもキレイに施工してもらいたいと思い、詳細な施工方法とキレイに施工するコツをまとめました。

ここに紹介した手順で施工すればムラのない最高のコーティングができるはずです。

特別割引キャンペーン実施中!GENESISを試す!

この記事ではcar factory answerが販売するGENESIS α と GENESIS β をキレイに施工するコツと手順についてお伝えしています。

最初にお伝えしますが、このコーティングは初心者向きではありません。

洗車初心者の方はこちらをご参考に

洗車初心者にオススメ洗車グッズ!ビギナーもこの5点で隅々までキレイにできる!

より良いコーティングを求める方だけ続きを読み進めてください。

自分に合ったコーティングの選び方を知りたい↓

コーティングって結局どれがいいの?洗車レベル別コーティングの選び方

必要な道具

まずGENESIS シリーズをキレイに施工するために必要な道具をまとめました。

同じ手順でコーティングを進めると3回シャンプーするようになります。

必要な場合は長靴や踏み台を用意しましょう。

施工に必要な道具
  • 洗車用バケツ
  • 洗車用シャンプー(弱酸性シャンプーまたは中性シャンプー)
  • 洗車用スポンジまたはマジッククロス
  • 拭き上げ用クロス
  • 鉄粉取り用粘土クリーナー
  • 水アカクリーナー
  • 脱脂シャンプー(コーティングに付属)
  • answer ベースコート Type-C6
  • ベースコート拭き取り用クロス(コーティングに付属)
  • answer GENESIS(α、β、Ω2)
  • コーティング用クロス(コーティングに付属)
  • コーティング拭き取り用クロス(コーティングに付属)

ベースコート拭き取り用クロスとコーティング拭き取り用クロスは兼用可能ですが、車のサイズが大きいと拭き取りが悪くなる可能性があるので、別に用意をしておいた方が安心です。

GENESISのコーティングを購入するとクロスが2枚付属してあるので、1~2枚追加で用意しておくと良いでしょう。

施工手順

① 下地作り

コーティングをムラなくキレイに施工するためには下地作りが非常に重要になります。

多少時間が掛かりますが丁寧に作業を行いましょう。

手順1 洗車

洗車用シャンプーをバケツで薄めて車全体を洗車(下洗い)します。

洗車用シャンプー(弱酸性シャンプー推奨)と洗車用スポンジやマジッククロスを使って丁寧に汚れを洗っていきます。

洗車キズがつかない?ジェネシス「マジック クロス」は洗車のための究極クロス!スポンジ洗車は危険がいっぱい!

シュアラスターさんの解説動画がわかりやすいです。

手順2 鉄粉取り

鉄粉取り用粘土クリーナーを使ってボディ表面の鉄粉を除去します。

施工方法はシュアラスターさんの動画をご参考に。

手順3 水アカ除去

スピリットクリーナーを使い水アカと小キズを取り除きます。

スピリットクリーナーにはダークカラー用とライトカラー用がありますので、自身の車のカラーに合ったものをお使いください。

後に使うベースコートにも小キズを消す効果はあるのですが、キズ消し性能は決して高いとは言えません。

スピリットクリーナーを使っておく方が良いでしょう。

スピリットクリーナーの施工方法も同じくシュアラスターさんの動画を。

下地処理はここまで。

下地処理の仕上がりが良いとベースコートやコーティングでムラになりにくくなります。

② ベースコート

下地処理が終わったらベースコートを施工していきます。

ベースコートもコーティングの一種です。

「小キズを消し、ボディを守る被膜を作り、艶を出す」一本で3つの効果があります。

液剤の濃度が他社製品と比べ濃いため、ややムラになりやすいので注意が必要です。

手順1 脱脂シャンプーで洗車

脱脂シャンプー最初の洗車で使ったシャンプーは捨て、付属の脱脂シャンプーをバケツに薄めて使います。

バケツに泡を作る手順は同じです。

付属の脱脂シャンプー1本分を約5lの水で薄めてください。

ボディ表面の油分を取り除くためのシャンプーです。

油分が残っているとベースコートの定着が悪くなったりムラになることがあります。

細かいところまで丁寧に洗いましょう。

たっぷりの水でシャンプーを洗い流し、水滴を拭き上げます。

ベースコート塗布&拭き取り

ボトルをよく振り、付属のスポンジに付属のスポンジに適量(1円玉程度)取ります。

水アカ除去の動画と同じ要領で縦横に極力薄く塗り伸ばし、表面が白っぽくなるまで乾燥させます。

キレイな乾いたクロスでベースコートを伸ばすように拭き取ります。

ベースコートはムラになりやすいので慎重に!
ベースコートは塗りすぎや拭き取り不足、作業環境(炎天下での作業)などでムラができやすので注意しましょう。

ムラができてしまった場合は直ぐに濡れたクロスで拭き伸ばし、乾いたクロスで拭き取ってください。(ぬるま湯を使うと効果的です)

施工に自信がないときは湿式で施工する

湿式の施工方法
「ムラになってしまうのでは?」と自信がない場合は湿式で施工してみましょう。

  1. ベースコートを施工する部分を水分を含ませ固く絞ったクロスで拭く(ボディを少しだけ濡らす)
  2. 付属のスポンジにベースコートを適量取り薄く塗り広げる
  3. 白っぽく乾燥したら乾いたクロスで拭き取る

乾いたボディに施工する乾式と比べ、湿ったボディに施工する湿式の方がムラになりにくく施工しやすいかもしれません。

ベースコートをは成分濃度が高くムラになりやすいため、少し水分を含ませ薄めることでムラになることを解消できます。

洗い流し・拭き上げ

余分なベースコートの成分を洗い流すためもう一度シャンプーをします。

このときは脱脂シャンプーは使わず、弱酸性シャンプーか中性シャンプーを使ってください。

脱脂シャンプーは捨て、新しく洗車用シャンプーをバケツに薄めてください。

余剰な成分を洗い流すことが目的なので、軽くなぞるように洗っていきます。

たっぷりの水でシャンプーを洗い流したら、水滴をキレイに拭き取ります。

ムラがないか確認しながらシャンプー&拭き上げをしましょう。

乾燥

ベースコート塗布後1~2時間程度乾燥させると被膜の効果が高まります。

休憩も兼ねてしっかり乾燥させ、ベースコートの皮膜を安定させましょう。

③ GENESISコーティング

ようやく最後の工程。コーティングです。

ベースコートの上にGENESIS α や GENESIS β を施工することで2重の被膜を作り、艶を高めボディを保護していきます。

GENESIS α も GENESIS β も施工手順は同じです。

GENESIS塗布

コーティング用のクロスを一度濡らし固く絞ります。

クロスに2~3回スプレーし、ボディに優しく塗っていきます。(一定方向に動かすとキレイに施工できます)

コーティングの水分が乾く前に、乾いたコーティング拭き取り用のクロスで拭き伸ばすように拭き取ります。

パーツやブロック毎に分けて施工して行きましょう。

ベースコートと比べるとムラになりにくいですが、コーティング剤の塗りすぎ(スプレーしすぎ)はムラになりやすいので、薄くコーティングすることを意識するとキレイに仕上がります。

乾燥

仕上がった車を眺めながら一服しつつ乾燥させます。

最初の洗車からコーティング終了までなれている人でも3~4時間は必要です。できれば2~3人で作業を進めたいところですね・・・

しっかりと乾燥させることでコーティング被膜が安定します。

注意
特にGENESIS β を施工した場合はコーティング効果の発動まで約20分、皮膜完成まで約24時間を要しますのでしっかり乾燥させます。

参考動画

向かって左側にGENESIS β 、向かって右側にGENESIS α を施工しています。

どちらも撥水系のコーティングなので大差はありませんが、GENESIS αの方が水滴の残り方が少ないように感じます。

ボンネットの下半分を比較するとよくわかります。

光沢も同程度です。個人的にはGENESIS αの方が汚れにくそうという感想です。

メンテナンスと効果の持続時間

GENESIS シリーズの効果持続時間は3ヶ月~6ヶ月(車の使用状況、保管場所によります)

日頃のメンテナンスは洗車用シャンプー(弱酸性シャンプー推奨)でキレイに洗って拭き上げるだけでOK!

定期的(1~2ヶ月毎)にコーティングを使用することで、光沢と撥水や滑水の機能を持続させ、繰り返し施工することで艶の深みとコーティング性能がアップします。

洗車キズや水アカが気になるようになったらベースコート(下地処理)から再施工すると良いでしょう。

まとめ

GENESIS α、β の評価
価格
(4.0)
仕上がり
(4.5)
施工難易度
(2.5)
総合評価
(4.0)

施工難易度は多少高いが、コーティングマニアも満足のいく仕上がり!

ムラになりやすい点と施工に時間がかかる点で初心者向きのコーティングではありません。

しかし、これまで沢山のコーティングやワックスを試してきてより良いコーティングを求めている方にはきっと満足していただけると思います。

car factory answerはまだまだコーティング業界では駆け出しのメーカーですが、作っているコーティングへのこだわりと製品は本物です。

試すなら特別価格を実施している今がおすすめですよ!

特別割引実施中!car factory answer GENESISを試す