シートの汚れ対策に〈ルームピア クロスバリア〉使ってみた!

あなたは車の中で飲食しますか?

車の中での飲食は食べこぼし、飲みこぼしなどリスキーな部分も多いので、できるだけしたくないのですが、子供がいると「絶対ダメ」とは言えません。

しかし、どんなに気をつけていても少しずつこぼれ気がつけば

こんな状態になっていることも・・・

こうなる前にクロスバリア ルームピアを使ってみるのはどうでしょう?

汚れ対策だけでなく、雨や雪対策にもピッタリ!車内のイヤな臭いにも効果を発揮してくれました!




ルームピアクロスバリアとは?

繊維用の強力コート剤がクロスバリアです。

簡単に説明すると車のシートなど布製品にボディーに施すような撥水コーティングを施します。

このコーティングは特殊なフッ素系ポリマーで効果はかなり強力。コーティング効果は約3ヶ月持続するとされています。フッ素は汚れと結びつきにくくコーティングには最適。一方、汚れと結びつきにくい分、施工面にも固着しにくいという性質があるのですが、クロスバリアは、シートにスプレーして慣らすだけで施工できる優れものです。

車内で食事をしていて、食べ物や飲み物をこぼしてしまっても、コーティング効果で汚れを弾き、シート(繊維)に染み込ませずにキレイな状態を保ってくれます。

クロスバリアの効果

一番の効果はシートをコーティングして汚れを染み込ませないようにすることなのですが、この汚れを染み込ませないことが車の中をキレイに清潔に保つ上で大切な部分になります。

汚れはニオイや雑菌の温床に・・・

先ず飲み物や食べ物をこぼしてしまったときに一番困るのが“シミ”です。

見た目も良くないし、不衛生な印象さえ抱いてしまいます。(実際不衛生なのですが・・・)シミを見て気持ち良い気分になる人はまずいないでしょう。何よりキレイな車内を汚してしまったことに、オーナーがショックを受けるはずです。

そのシミニオイ雑菌ダニの温床になることもあります。

こぼした食べ物や飲み物は拭き取ったとしても繊維に染み込んでシミになるわけですが、それは繊維の中に食べ物や飲み物の成分が残っていることになります。その残った成分に雑菌が繁殖してイヤなニオイの原因になったり、ダニの餌になってしまうことも。さらに生地の繊維だけでなく、生地の下にあるスポンジ(ウレタン)にまで染み込んでしまっては対処の方法がなくなってしまいます。食べ物、飲み物だけでなく雨や雪も同様です。

そうならないためのクロスバリアというわけです。

クロスバリアを使っていれば飲み物や食べ物をこぼしたとしてもシートに染み込まない(染み込みにくい)ので、簡単にキレイに拭き取ることができます。

レザーシートには使えるの?

レザーシートは施工できません

使い方・施工方法

使い方はとっても簡単です。

  1. シートに付いたホコリなど大きな汚れを取り除く
  2. クロスバリアをスプレーする
  3. 付属のスポンジで塗り拡げる
  4. 乾燥させる

とても簡単に施工できます。車のサイズにもよりますが10~15分程度で一台の施工ができそうです。

効果検証

水弾きテスト

写真のようにしっかりと撥水してくれました。傾斜がついている場所ではコロコロと水滴が転がっていきます。一定の効果はあり!ただ、シートの形状や表面の質感で効果がしっかり発揮できないこともあります。

CX-5のシートの場合、座面横の黒っぽい色の部分はしっかり水滴を弾くのですが、座面のグレー部分は効果がやや弱い感じです。グレーの部分は表面が凸凹したメッシュのようになっており、構造的にコーティングが効きにくいみたいです。上の水弾きのテストの写真はこのグレーの部分に水滴を落としたのですが、たっぷりとコーティングを塗布しないと撥水の効果は弱かったです。

ニオイについて

施工中も施工後も気になるニオイはなく、車内が深いなニオイで包まれることはありません。むしろ施工後は少し新車に戻ったようなニオイさえ感じました。

車のシートの他にこんなものにも使えます。

バッグやリュック

スニーカー

ソファー

ズボンやスカート など

綿、ポリエステル、ナイロンなどの繊維製品に使うことができ、シートと同じように撥水効果や防汚効果を得ることができます。購入した時に撥水加工がされた製品は多いですが、撥水効果が薄れてきた時に使えば撥水機能を復活させることもできます。

レザー、人工皮革、ビニール、絹、レーヨンには使うことができないので注意しましょう。

まとめ

クロスバリアの評価
プライス
(3.5)
手軽さ
(4.5)
効果
(3.5)
総合評価
(4.0)

効果を実感し辛いこともあり評価が難しいというのが本音です。

とはいえ、簡単に施工できるしやっておいて損はなさそう。食べ物、飲み物をこぼさないことが一番ですが、子供がいるとそうはいかないものです。価格も決して高くないので、お守り代わりに施工しておいても良いかもしれませんね。

こんな人にオススメ
  • 車内で食事をすることがある
  • 子供を乗せる機会が多い
  • ペットを乗せる機会が多い
  • キレイなシートを維持したい

「クロスバリアは必ずした方が良い」までは言えませんが、やっておいて損は無さそう。食べ物のソースやケチャップをこぼしてしまっても安心感ありますし、飲み物をこぼしてしまった時も慌てなくて済みそうです。シートに完全に吸い込ませないことは無理だとしても、シートに吸い込まれるスピードがかなり遅くなるので、大半を拭き取ることができるようになります。コーティングすることで一定の抗菌効果もあるそうなのでチャイルドシートに使うのも良いですね!

個人的には汚れ対策の他にもニオイ予防など車内を快適にする意味でも定期的に使っていきたいと思える製品です。汚れ対策だけでなく、雨や雪の対策としても良さそうです。皆さんも車内の汚れやニオイが気になったら、クロスバリアを使ってみてはいかがでしょうか?