コンパクトなのに高い拡張性!AnkerのThunderbolt3ドッキングステーションをレビュー

「ドッキングステーションが便利なのはわかるが大きすぎる」
「MacBook Airに合うコンパクトなThunderbolt3ドックを探している」

今回は、そんな方にピッタリなアイテムをご紹介したいと思います。

テレワークの増加でドッキングステーションの需要が高まっています。
また テレワークで無くとも、デスクワークの作業効率を高める上でもドッキングステーションがあると便利な場面は多いです。

でも…ドッキングステーションの導入を悩む部分として

「筐体が大きすぎてデスクの上でジャマになる」
「こんなに拡張性はいらない!ポートが多すぎる」

こんな意見を耳にすることも少なくありません。
私もこのような理由で一度は導入したドッキングステーションをメルカリでドナドナした過去があります。

やはり デスクの上という限られたスペースで使うものなので、コンパクト=正義であると言えると思います。
そこで!
今回 購入したのがAnker PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock
今までの悩みを解決してくれるドッキングステーションになりました。

PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dockとは?

PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock

まずは、今回購入したAnker PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dockがどんなものなのかザックリご説明します。
横幅10.9×奥行き9.0×高さ3.0cm、重さ約225gのコンパクトなボディに、7つのポートを搭載したThunderbolt 3 接続が可能なドッキングステーションです。

Anker PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dockに搭載されるポート
  • USB-Cポート (10Gbps 5V / 0.9A)
  • USB-Aポート (10Gbps 5V / 1.1A)
  • SDカードスロット (SD 4.0 UHS-Ⅱ 対応)
  • microSDカードスロット (SD 4.0 UHS-II 対応)
  • Thunderbolt 3 USB-Cポート (40Gbps 45W)
  • HDMI 2.0ポート
  • イーサネットポート

基本的にこれくらいのポートがあれば困る場面は少ないと思います。
同梱物はこんな感じ。

本体、Thunderbolt 3ケーブル(約80cm)、電源コード。

では、ポート類を詳しく見ていきましょう。
本体前面に電源ボタンとUSB-Aポート、USB-Cポート

本体右側にThunderbolt 3 USB-CポートとSDカードスロット(SD・マイクロSD)

本体背面に電源とHDMI、イーサネットポート

本体左側はポートなし。排気口のみ。

ハブとの違い

「7ポート位ならUSBハブの方がコンパクトで良くね?」
と思われる方も多いと思いますが、ドッキングステーションのメリットの一つが充電ができること!
Anker PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dockは、Thunderbolt 3 USB-Cポートから最大45wの充電に対応しています。(全てのポートを使用している場合は最大36wに制限)

「ハブでも充電できるでしょ?」

いえいえ。
よく考えてください。
確かにもっとハイパワーで充電できるハブもありますが、ハブで充電する場合別に充電アダプターが必要になりますよね?
こんなやつ。

RAVPower 61W USB-C 急速充電器【GaN (窒化ガリウム)採用/折畳式/PD対応】
RAVPOWER

充電用のコードが必要であることは同じなのですが、PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dockならコード1本で済みます。
電源タップやかばん中で場所を取りがちな充電アダプターを用意する必要がなく、MacBook Air(Pro 13インチにも)に十分な電力を供給できます。

PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock

Anker PowerExpand 7-in-1
Thunderbolt 3 Mini Dockレビュー

PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dockはこんな人にオススメ
  • デスクの上にスペースが無い
  • 程よい拡張性をお求め
  • 複数のポートを同時使用しない
  • 持ち歩くことも考えている

コンパクトなボディにちょうど良い拡張性

PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock

ドッキングステーションとなると、13ポートや15ポートなど「そんなにポート数いる?」と思う製品も少なくありません。
もちろん、環境やお仕事の内容によっては必要になる人もいると思うのですが、一般的に自宅で使う場合には10ポートでも多いと思います。
それに ポート数が多くなるということは、それだけ本体サイズも大きくなるということ。
限りあるデスクの上を効率よく使いたいと思うと、便利でも使わないポートが多く本体も大きいドッキングステーションは導入しにくいものです。

PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dockは、コンパクトなボディに7つのポートと程よい拡張性が大きな魅力となります。
ボディサイズはMacBook Airのトラックパッドとほぼ同じ。
このサイズであれば、多少コンパクトなデスクをお使いでも置くことができると思います。

PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dockサイズ

ポートについても過不足のない感じで、1ヶ月ほど使っていますが、特に不便を感じることはありません。
強いて言うなら、イーサネットポートではなく、もう一つUSB-Aポートが背面にあると良いなと思うくらい。
私の場合、有線でネットに接続する必要が無く、USBマウスを使う時に 何となく前面のUSB-Aポートを使いたくないなと思っているだけです。

SDカードはUHS-Ⅱ対応

PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock

PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock コンパクトなボディでありながら、SDカードリーダーはUHS-Ⅱ対応です。
カメラからのデータ取り込みが多いと転送時間がなかなかのストレスになります。
最近、その転送時間を短くしようとUHS-ⅡのSDカードを購入したばかりだったので、ドッキングステーションもUHS-Ⅱ対応であることは絶対条件でした。

MacBookとマッチするカラー

PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock

本体はプラスチック製ですが、マットな仕上げになっており、チープな感じはありません。
MacBook Airのスペースグレーより少し濃いグレーですが、MacBookとの相性も悪くないです。
シルバーのMacBookをお使いだと、多少色差が大きくなりますが、それでも相性が悪いということは無いと思います。
シルバーやブラック系のカラーでデスクを統一しているなら、迷わず購入して大丈夫!

ファンの音も気にならない

Amazonのレビューを見ると
「ファンの音がうるさい」
といったコメントが多いのですが、個人的には全く気になりません。

確かに電源を入れたときには、シューーンと盛大にファンの音がするのですが、1〜2秒程度で静かになります。
その後、作業をしていても「ファンがうるさい」と感じるほどの音は出ていません。

それでも複数のポートを同時接続で使用するとシューーとファンの音が出てくるので、複数のポートを同時使用しすることが多い人には向かないのかもしれません。

レイアウトによっては使いにくい場面も

PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock

コンパクトであるが故にデスクのレイアウトによっては使いにくいと感じることがあるかもしれません。
特にデスクの右側やMacBook Airの右側にしかスペースが無い場合です。
これはPowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dockの設計と言うよりは、MacBook Airの設計に依存することになります。
MacBook Airは、本体の(向かって)左側にしかポートがありません。
なので、ドッキングステーションをMacBook Airの右側にしか置けない場合は、配線の取り回し的にもかなり厳しくなります。

また、このように上面にスペースのないところに収納して使いたい場合もよくレイアウトを練って購入した方が良さそうです。

PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock

SDカードとマイクロSDカードを同時に使いにくい

SDカードとマイクロSDカードを同時に使うことが多い場合も多少の使いにくさを感じるかもしれません。
PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock本体の右側にあるSDカードポート。
マイクロSDカードポートがSDカードポートの下にあるため、同時使用だと一回一回本体を持ち上げないとアクセスできません。
GoProなどのアクションカムを多用する人は、マイクロSDカードを使うことも多いはず。
SDカードとマイクロSDカードを同時使用する場合は注意が必要です。

個人的には電源ボタンを上面(天面)か左側に移設して、前面にSDカードとマイクロSDカードポートを横並びで付けてくれたら最高だったと思います。

  • PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock
  • PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock
  • PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock同梱物
  • PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock
  • PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dockサイズ
  • PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dockサイズ
  • PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock前面
  • PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock右側
  • PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock背面
  • PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock左側
  • PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock
  • PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock
  • PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock
  • PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock
  • PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock

【まとめ】PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock

ということで、Anker PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock のご紹介をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?
PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dockを一言で表すなら、

【備え付けでも持ち運びでも使えるドッキングステーション】

というところでしょうか。
充電用のコードやアダプターを持ち歩くのと同じ労力でドッキングステーションとしての機能を備えています。
当然ハブを持ち歩くことも必要なくなるので、結果的に荷物を減らすこともできそうです。

充電については、最大で45wなのでMacBook Pro 16インチをフルパワーで充電することはできませんが、MacBook AirやMacBook Pro 13インチをお使いであれば、十分な電力を供給できます。
コンパクトなドッキングステーションをお探しの方はぜひチェックしてくださいね!

この記事のURLをコピーしてシェア!
アマゾンでお得にお買い物

アマゾンでちょいちょいお買い物をするなら、Amazonギフト券へのチャージがおすすめ!
現金でチャージする度に、チャージ額 × 最大2.5%分のポイントがもらえます。

マシン
マシン

ポイント還元率の低い商品を買う時は特にオススメの方法だよ!