オリジナルステッカー販売中!(メルカリ)

【CCIスマートビュー(撥水長持ちタイプ)レビュー】超簡単!スプレーして塗るだけフロントガラスの高耐久撥水コート

先日、使った【CCI スマートビュー ガラスコンパウンドクロス】

【ガラスコンパウンドクロスレビュー】ガラスを濡らして磨くだけのカンタン油膜取りシート!洗車初心者にもおすすめです

Twitterでも多くの反響をいただきました。

マシン

800を超える「いいね!」は初めてでした!皆さんありがとうございます!

実はガラスコンパウンドクロスと一緒にガラス撥水コーティングのCCI スマートビュー(撥水長持ちタイプ)も購入・施工していました。

created by Rinker
シーシーアイ(CCI)
¥1,112 (2018/12/13 21:10:55時点 Amazon調べ-詳細)

使い勝手が良く、撥水効果・耐久性も上々。

施工はとてもカンタンで、撥水性・耐久性も高くおすすめのガラス撥水コーティングです。

この記事ではCCI スマートビュー(撥水長持ちタイプ)のレビューをお届けします。

この記事でわかること
  • CCI スマートビュー(撥水長持ちタイプ)のアイテム詳細
  • CCI スマートビューの使い方・施工時の注意点
  • CCI スマートビューの効果を高める施工方法
  • CCI スマートビューのレビュー

CCI スマートビュー(撥水長持ちタイプ)ってどんなアイテム?

created by Rinker
シーシーアイ(CCI)
¥1,112 (2018/12/13 21:10:55時点 Amazon調べ-詳細)

CCIスマートビュー(撥水長持ちタイプ)は、スプレーして塗り拡げるだけで、カンタンにガラスを撥水コーティングすることができる撥水剤です。

フッ素を配合することで従来品より6倍長持ちするようになり、撥水効果の耐久性が高いタイプ。

撥水力 従来品 撥水長持ちタイプ 6倍長持ち 当社耐久性試験 ワイパー作動回数

出典:smartmisut.jp

同梱物

  • スマートビュー(撥水長持ちタイプ)スプレー 100ml
  • マイクロファイバークロス

CCI スマートビューの使い方・施工方法

  • Step1
    ガラス面の洗浄
    施工するガラス面の汚れや砂、ホコリをキレイに洗い流します。

    古い撥水剤や油膜などが残っていると十分な撥水性能が得られないことがあります。必要な場合は油膜クリーナーを使いましょう。

    【ガラスコンパウンドクロスレビュー】ガラスを濡らして磨くだけのカンタン油膜取りシート!洗車初心者にもおすすめです
  • Step2
    乾燥
    汚れを洗い流したガラス面を完全に乾かします。

    水分が残っているとスマートビューの定着が弱くなり、撥水性・耐久性も下がってしまうので、水分を拭き取りしっかりと乾燥させます。

  • Step3
    スプレー
    20cm四方にワンプッシュを目安にスプレーます。

    フロントガラスの場合は半面で4~6プッシュ程度が目安。

  • Step4
    塗り拡げ
    付属のマイクロファイバークロスを使いキレイに塗り拡げます。

    ムラにならないように塗り拡げましょう。スプレーのあと時間を置く必要はありません。

  • Step5
    完了
     

CCIスマートビュー施工時の注意点

  • 乾いた面にスプレーすること
  • 乾いたクロスを使うこと

スマートビュー(撥水長持ちタイプ)にはフッ素を含んでいるため、施工面に水分が残っているとガラスに定着することができない(定着しにくくなる)のです。

きちんと撥水性能と耐久性を発揮してもらうためにも施工面に水分を残さないことは大切!

必要な場合はエアコンをデフロスター(フロントガラスに風を当てるモード)にして水分を飛ばしましょう!

CCI スマートビューの効果を高めるには?

施工面の油膜や古い撥水剤を除去することが大切

施工前にホコリや汚れを洗い流すのはもちろんですが、古い撥水コーティングの皮膜や油膜を取り除き、下地処理を行いましょう。

基礎がしっかりしている建物が壊れにくいように、下地がキレイな状態に行うコーティングは強くなります。

スマートビュー(撥水長持ちタイプ)は最大で一年効果を持続できるとなっていますが、コレは下地がしっかり出来ていればの話です。

一回のコーティングの持続時間が長くなれば、コーティングを使う頻度が減り、結果的にコストパフォーマンス良くなります。

多少の手間はかかりますが、面倒と思わずに下地処理を行うようにしましょう。

下地処理はとても大切だよ!

ソウル

【ガラスコンパウンドクロスレビュー】ガラスを濡らして磨くだけのカンタン油膜取りシート!洗車初心者にもおすすめです

CCI スマートビュー(撥水長持ちタイプ)レビュー

施工

コーティングをスプレーする前に水分を残さないようにって部分で注意は必要だが、扱い辛いと感じる部分はありませんでした。

塗り込むタイプの撥水剤と比較して施工しやすく、乾燥時間も必要ないので施工時間が短くなり、時短にもなりました。

クロスでの塗り拡げについては引っかかりを感じることもなくスムーズに塗り拡げることができます。

付属のクロスはサイズ感がやや小さいと思う部分はありますが、概ね使いやすく好印象です。

ガラスが乾いた状態ならフロントガラス一面に施工しても2~3分で終了します。

正直、こんな良いものが何故注目されなかったのか不思議なくらい・・・

効果

まず撥水性については文句なし!

超撥水する!とか 時速30kmで水滴が飛んでいく!とかはないけど、必要にして十分な効果を発揮します。

風向きやフロントガラスの傾斜にもよりますが、45~50km/hの速度が出るとフロントガラスの水滴は飛んでいきます。

耐久性は施工から3週経過(雨は3回)しても撥水効果が衰えた感覚はなく良好です

耐久性については引き続き調査し、経過を観察していきたいと思います。

まとめ【CCI スマートビュー(撥水長持ちタイプ)】レビュー

created by Rinker
シーシーアイ(CCI)
¥1,112 (2018/12/13 21:10:55時点 Amazon調べ-詳細)
スマートビュー(撥水長持ちタイプ)の評価
撥水効果
(4.0)
耐久性
(4.5)
施工しやすさ
(4.5)
コストパフォーマンス
(4.0)
総合評価
(4.5)

耐久性にこだわらなければ濡れたガラス面に施工できる撥水コーティングもあります。

確かに施工はしやすいのですが、個人的なおすすめはCCIのスマートビュー(撥水長持ちタイプ)。

ガラス面を乾かすのはそんなに手間ではないですからね。

皆さんも気になったら、ぜひ使ってみてください。

created by Rinker
シーシーアイ(CCI)
¥1,112 (2018/12/13 21:10:55時点 Amazon調べ-詳細)

何を伝えるスプレーして塗るだけでフロントガラスの撥水ができる

誰に伝えるフロントガラスの撥水で悩んでいる人(効果は?耐久性は?カンタン?キレイ?費用?