女性に優しいSUV?MX-30とCX-30の違いを徹底チェック

皆さん こんにちは。エムブロです。
前回、MX-30とCX-30の違いについてブログを書かせていただきました。

書いているうちに「MX-30は女性に優しいSUVなのでは?」と感じる部分が多々ありましたので、今回はMX-30とCX-30の違いの中でも女性に優しいと思ったポイントについて注目をしていきたいと思います。
前回の記事と一緒に見ていただくと、さらにわかりやすいと思うので、ぜひそちらもご覧ください。
CX-30は運転しにくいと感じた方もMX-30ならそのあたりが改善されている可能性が高いです。
では 早速見ていきましょう!

MX-30は車内レイアウトが女性向き

低めのダッシュボード

CX-30と同じようにシートポジションを取ると「CX-30より前が見やすい?」と感じました。
CX-30と比べるとMX-30の方がダッシュボードが全体的にフラットで低めに設計されており、ダッシュボードの凹凸が少なくなっています。
CX-30と同じ様にポジションをとっても、MX-30の方が高い位置にアイポイントを持っていくこともできるため、小柄な女性でも前方の見切りが良くなり運転しやすくなっていると思います。

マシン
マシン

CX-30で前が見にくいと感じるならMX-30を見てみるのがオススメ!

シフトレバーの位置

CX-30と比べるとMX-30のシフトレバーは前寄り且つやや高めに設置されています。
これも女性に優しいと思ったポイント。
CX-30はシフトレバーがやや後ろ寄りなので、シートポジションが前の方になる女性は、自分の真横にシフトレバーが来るような状態になり、操作しにくいと感じると思います。
MX-30とCX-30では、ドリンクホルダーが前後関係が逆になり、MX-30はドリンクホルダーが後ろに、シフトレバーが前に移設されました。
さらにシフトレバー下に空間を設けたことで、高さもあります。

ちなみにMX-30では、マニュアルモード(シフトレバー操作による変速)が無くなりました。
変速はパドルシフトで行ってね!ってことみたいです。

握りやすいドアのグリップ

MX-30では、ドアグリップの位置も前寄りになりました。
シフトレバー同様にシートポジションが前よりになる場合、グリップの位置が悪いとドアを締めるときに力が入りにくかったり、ドアを開けている時にはグリップが遠くて届きにくいということもあります。
このあたりも女性オーナーを意識した変更と思って良さそうですね。

直感的で操作しやすいエアコンパネル

MX-30では、エアコンの操作パネルが液晶パネル(タッチ操作対応)になりました。
完全タッチ操作ではなく、一部物理ボタンが残っていることもあり、割とすんなり移行ができると思います。

加えてシフトレバーからの距離感が良い。
シフトレバーから少し手(指)を伸ばせば操作エアコンの操作が可能です。

見切りの良いボンネット

ボンネットの長さに大差はないのですが、MX-30の方が前方見切りが良く、「どこまでボンネットがあるか」がわかりやすいです。
CX-30とMX-30のボンネットを比べてみるとこの通り。

MX-30の方が前方の落ち込みが少なく、比較的フラットな形状をしています。
ダッシュボードが低いこともあって、前方の見切りやボンネットの位置関係を把握しやすくなっていると思いました。

一部女性に優しくないポイントが

運転席まわりは女性への配慮が感じられMX-30ですが、一部女性に厳しいと言わざるを得ないところもあります。
その最たるものがパワーリアゲートが設定されていないこと。

MX-30パワーリフトゲート

クーペ的なスタイリングで絞り込まれたリアゲート。CX-30と比べてもリアガラスが寝ていることがわかると思います。
MX-30を象徴する部分でもありますが、この形状故にパワーリフトゲートのモーターやダンパーを仕込むスペースが無くなってしまったそう。

【まとめ】MX-30は女性に優しいSUV

ということで、MX-30とCX-30の違いから女性に優しいと思ったポイントをまとめてみました。
MX-30の開発主査は女性ですからね。
当たり前と言えば当たり前ですが、本当に女性に優しいSUVに仕上がっていると思います。
見た目の好みはあるにせよCX-30などのSUVを運転しにくいと感じる部分があった方は、MX-30要チェックです!

この記事のURLをコピーしてシェア!

MAZDAのクルマを賢く買う方法

近年、マツダディーラーは値引きをしない傾向にあります。
販社によって多少の違いはあるものの、全体的に値引き額が下がっているのは事実です。
値引きをしない代わりに、下取り価格を頑張ってくれるケースは多いですが、下調べなしで下取り査定をしてもらっても、普通の下取り価格になってしまうことも…。
なので、下取りの査定をしてもらう前に愛車の買取相場や下取り相場を確認しておきましょう!
「下取り価格より買取価格の方が高い」ってよく聞きますが、買取価格をもとに下取り価格を交渉した結果10~20万円下取りが高くなり、買取価格と同じになるケースも多いです。
私も下取り査定をしてもらう前に必ず、買取相場を調べています。

買取相場を知る方法

よくあるのはクルマの一括査定ですが、一括査定はオススメできません
申込みをした途端に数社の買取店から電話が引っ切り無しにかかってきて、査定のアポ取り合戦が繰り広げられます。
人を変え、時間を変え、時には電話番号まで変えて査定のアポを取りに来ます。
電話に出るたびに同じ質問に答え、都合を合わせるのも大変。
サイトに入力した個人情報も5~10社に共有されることもあり、情報漏えいのリスクも高まります。
私も経験した上で、もう二度と一括査定は利用したくありません。
そこでオススメのサービスが「ガリバーの愛車無料査定」


ガリバーの愛車無料査定なら電話や査定の対応を何度もする必要ありません。
必要事項を入力して電話がかかってくるのを待つだけ。
申し込みをした途端に電話が鳴り止まなくなるようなことも無いので安心です。
電話で査定の予約をして、あとは査定結果を待つばかり。
ガリバーならお店で査定の対応もしてくれるし、無料で出張査定もしてくれるので、お店に行く手間も省けます。

「ガリバー1社だけの査定で大丈夫?複数社に査定をしてもらった方が高い金額で買い取ってもらえるのではないか?」
そんな心配をする気持ちもあるかと思いますが、買取の上限価格は決まっていて、上限価格より高く買い取ってくれることはありません。
それに、複数社に査定をしてもらっても、高い買取金額を提示できるのは結局大手です。
査定のときに「ディーラーの下取りか買い取りか迷っている」と伝えておくことで、提示する買取金額も頑張ってくれるはずです。
私自身も2度ほどガリバーの買い取りを利用しましたが、2度とも満足の結果になりました。
2度の内、1回はガリバーで中古車まで購入したほどです。
ちなみにガリバーでクルマを買うと、買取金額を更に上げることも可能です。

ガリバーのネットの評判を見ると、中には良くない評価もありますが、大手だけに査定担当の当たりハズレが多少あります。
ですが、査定担当者の対応が良くなかったとしても、買取金額が下がるわけではないので、その場の対応はしっかりとしてもらい、買取金額を出してもらいましょう。
クルマの買取相場をしっかり把握した上で、ディーラーの下取り査定を利用することで、賢くクルマを乗り換えることができます。